FC2ブログ
2015
07.15

刺激と癒しを与えてくれる「テラススクエア」

Category: ニュース

 マイナビニュース2015年5月15日の記事『神田に食と緑とオフィスの複合ビル「テラススクエア」開業-その魅力とは?』によると、オフィスと商業施設を備えた「テラススクエア」が神保町駅近く、東京都神田錦町でオープンしました。初出店・初業態の飲食店や緑にあふれた庭園、洗練されたオフィス空間等、今どきのスタンダードとも言える快適な施設になっているようです。




刺激と癒しを与えてくれる「テラススクエア」 
(イメージ画像)




 博報堂の本館があった跡地に建てられ、建物の一部にデザインが取り入れられいます。1930年に竣工した旧本館の復元ということでクラシックな雰囲気を醸し出しています。古いものと新しいものを融合させたナイスアイデアですね。緑豊かな広場には水辺やアート作品も配置され、働く人にも訪れる人にも心地よい空間となっているようです。




 ショップでおもしろそうなのが初出店の「HASSO CAFFE with PRONTO」。博報堂とプロントのコラボレーションカフェです。新しい「発想」が生まれる場所をイメージしているとのこと。リラックスしながら刺激が受けられる仕掛けがあるようです。何かひらめきたいときに立ち寄ってみるといいかもしれませんね。「発想の壁」「発想の卓」「発想の窓」等、「発想の○○」シリーズが気になります。




 他の店舗のキーワードを挙げていくと…肉、鉄板焼き、ラテン音楽、昭和歌謡、日本酒バル、産地直送のお魚、つけ蕎麦、クラフトビール、エスニック等々、そそられるラインナップ。「テラススクエア」だけに、テラス席で楽しむとさらに気持ちがよさそうですね。




 最近では屋上緑化を備えたビルが増えてきていますが、こちらは全長60mの「ハーブガーデン」と日本初の飲食店特化型都市型農園「テラスファーム(屋上庭園)」で、緑と食材調達を兼ねた一石二鳥。施設内のレストランで使われるのではないでしょうか。自給自足も狙えます。




 出版を中心としたビジネス街でありながら、カルチャーな雰囲気も色濃く残る神保町エリア。古書好きの聖地、そしておいしいカレー屋が集まる街。周辺の大手町、御茶ノ水・秋葉原辺りの開発が進んでいますが、神保町エリアも他とはちょっと違う今の雰囲気を保ちつつ、より快適な街になっていくといいですね。


 
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top