FC2ブログ
2015
06.30

アキバに行く理由がまた増える B-1グランプリ食堂

Category: ニュース
 
 朝日新聞DIGITAL2015年4月8日の記事「アキバ高架下、ご当地グルメの聖地に? 夏にB-1食堂」によると、ご当地グルメの祭典「B-1グランプリ」に登場するメニューを集めた「B-1グランプリ食堂」が、秋葉原駅から徒歩3分の高架下に誕生します。都内では初の「B-1グランプリ」常設公認店として、2015年夏の開業を目指します。



アキバに行く理由がまた増える B-1グランプリ食堂 
(イメージ画像)



 B-1グランプリを主催する「愛Bリーグ」の加盟70団体から、まずは14団体を選定し、その後順次入れ替わっていくとのこと。運営するジェイアール東日本都市開発の社員が各団体に食材や調理法を伝授してもらい、食堂で調理して提供するそうです。都市開発を志してきた人が焼きそばやせんべい汁を作ることになるとは…人生、何が起こるかわからないものですね!でもせっかくなので、楽しんでやっていただければと思います。




 しかし、あながち畑違いというわけではありません。JR東日本のコンセプトとしては、観光地として人気の秋葉原で日本各地の食文化をアピールし、延いては日本の魅力を発信する場所を創造するというもの。さらに「地方から日本を元気に!」する「B-1グランプリ」の理念を応援し、電車に乗って実際に現地に足を運んでもらい、地方創生に役立ちたい、という思いから企画したそうです。




 「B-1グランプリ」はこれまでもPAやショッピングモール等と提携していますが、今回の食堂のオープンで都内にいながらご当地気分がいくつも味わえるようになりますね。気になったモノがあったらすぐにでも電車でGO!できます。




 JR東日本が推し進める秋葉原~御徒町の高架下開発「AKI-OKA計画」。「B-1グランプリ食堂」の開業場所から想像すると…

秋葉原駅
 ↓
B-1グランプリ食堂
 ↓
「2k540」(ものづくりストリート)
 ↓
御徒町
 ↓
アメ横
 ↓
上野周辺

というような流れが期待できそうです。それぞれ特徴があってバラエティに富んでいて、楽しめそうです。




 「アキバ×B-1」は結構相性がいいような気がします。日本のカルチャーのメインストリームというわけではないけれど、心の内に熱い思いが燃えているぜ!というイメージが共通すると言いますか。




 ちなみにB-1はB級グルメという意味ではありません。地域BRAND(ブランド)の「B」です。「愛Bリーグ」のみなさんは、地域ブランドを確立しようと日々活動されているとのことです。ご存知でしたか?これからは肝に銘じておきたいと思います。




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top