FC2ブログ
2015
06.29

未来の街への道を切り拓く ログロード代官山誕生

Category: ニュース

 FASHION PRESS2015年4月15日の記事『「ログロード代官山」がオープン、日本初上陸のフレッド シーガルやタルティーンベーカリー&カフェが出店』によると、代官山に新しい商業施設「ログロード代官山(LOG ROAD DAIKANYAMA)」が4月17日にオープンしました。東急東横線の地下化により使われなくなった線路の跡地を有効活用する形で作られました。



未来の街への道を切り拓く ログロード代官山誕生 



 ここ数年人気のクラフトビールを提供する「スプリングバレーブルワリー東京」。キリンビールの新業態で、店内にブルワリーを設置し、作りたてのクラフトビール6種類のほか、実験的なビールも提供していくとか。




 アメリカ西海岸からはライフスタイル複合セレクトモール「フレッド シーガル」が日本初上陸。海外店としても初だとか。セレブ御用達のセレクトショップということで、ファッションに敏感な人は注目です。メンズ、レディース、マーケットの3業態での出店となります。マーケット内には「カムデンズブルー☆ドーナツ」を併設。リキュールを使用したドーナツなど、これまでのドーナツに飽き足らない大人の人気を呼びそうです。




 5月以降には、これもアメリカより初上陸の「タルティーン ベーカリー&カフェ」がオープン予定。おいしいクロワッサンなどと一緒に、あのブルーボトルコーヒーが飲めるようになるようです。




 というように店舗数は多くないですが、新業態や日本初など好奇心をかき立てるラインナップ。建物の外観はは木をふんだんに使用したナチュラルで落ち着いたたたずまい。また緑が多く、空間が贅沢に取られていて、開放的な気分を味わえそうです。




 JRが駅ナカ、駅近、高架下に商機を求めて開発を続ける昨今、東急は線路の跡地をセンスよく利用したなあと感じます。関係者によると「おおむね10年」を目安にし、変わりゆく街に柔軟に対応していく施設と考えているのだそうです。




 さらに収益を第一に求めているわけではないとのこと。線路で分断されている街を行き来できるように階段を設置したり、4階まで建築できるところを2階建てに抑えているところなど、街の調和・活性化をより重視しているとのことです。




 洗練された雰囲気の良さもさることながら、街を第一に考えるという発想に好感が持てるプロジェクトです。


 
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top