FC2ブログ
2015
06.17

世界とよい"ご縁"がありますように 松竹歌舞伎×ユニクロ

Category: ニュース

 Fashionsnap2015年3月26日の記事『「ユニクロ×松竹歌舞伎」コラボアイテム発売 200名が開店前から列』によると、歌舞伎の衣装や隈取をモチーフにしたアイテムの販売が、日本のユニクロで始まりました。発売初日3月26日の銀座店には、アンバサダーでデザイン監修も担当した市川猿之助氏やUTクリエイティブディレクターのNIGO氏が登場し、発表会が開かれました。



世界とよい 
(イメージ画像)



 2月には概要と一部アイテムが発表されていましたが、日本を代表する伝統芸能である歌舞伎を、ユニクロの服を通じて、現代のポップカルチャーとして世界に発信するプロジェクトとのこと。正式名称は「松竹歌舞伎×ユニクロ プロジェクト」だそうです。




 さて商品ですが、想像以上にいいですね!すっきりとカッコいいもの、浴衣にも負けないくらい大胆な柄物、シックな色使いからパキッと派手な色合いまで、メリハリが効いたデザインをTシャツやトート、バンダナなど身近なアイテムに落としこんだ、COOLなラインナップとなっております。改めて見てみると確かにポップな雰囲気で、かなりのインパクト。さらっと着るだけで男前もしくは女前になれそうです。




 猿之助さんもNIGOさんも、世界に"本物"の歌舞伎、ひいては日本の伝統文化を発信したいとの意気込みがあったようです。日本と世界をつなぐプロジェクトとして「歌舞伎×ユニクロ」もさることながら「猿之助×NIGO」という組み合わせが非常におもしろいなあと感じました。




 歌舞伎役者でありながら、新しいジャンルへも踏み出していく猿之助さんと、独特のセンスを持ち世界中で人気のブランド創設者のNIGOさん。そういえばブランド名はA BATHING APEでしたね。「猿」つながりです!これも何かのご猿=ご縁です!そんな2人が協力しあって、納得いくものを作り上げたという雰囲気が伝わってきます。




 3月20日からパリで先行発売されていますが、なかなか好評のようです。猿之助さんが現地でのオープニングイベントに登場し、ひと踊りしてきたそうですよ。実際に店舗にも立ち寄り、新しいもの、モダンで斬新なものとしてパリの人たちに認識されていたとのことで、手ごたえがあったようです。




 今回のようなプロジェクト、一度きりではなくぜひ第2弾、第3弾と続けて、日本文化を発信し続けてほしいですね。


 
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top