FC2ブログ
2015
06.09

あなたと、あなたと、あなたとコンビに、ファミリーマート

Category: ニュース
 
 ロイター2015年3月10日の記事「焦点:動き出すファミマ・ユニー統合、収益性向上など残る課題」によると、経営統合の協議に入った両社の前途には、さまざまな課題が横たわっているようです。今までも統合の話は何度かあったようですが、今回はうまくまとまることを期待しましょう。


あなたと、あなたと、あなたとコンビに、ファミリーマート 
(イメージ画像)



 この統合で、売上高規模は業界トップのセブン‐イレブン・ジャパンに次いで2位に浮上、店舗規模もトップクラスに拡大するとのこと。気になるのは店舗名。「ファミリーマート」「サークルK」「サンクス」の3ブランドを残すのか、それとも一本化するのでしょうか。




 今回の統合がきっかけで他のコンビニチェーンも動き出すとか、スーパー事業を立て直すか切り離すかとか、さまざまな範囲に影響を及ぼしそうな雰囲気。一強多弱の一強以外だと厳しい状況に陥ってしまうような昨今の風潮です。いわゆる一強の安心感も良いのですが、消費者の立場から言うと、選択肢が多いほうが嬉しいものです。




 ところで時折コンビニの海外進出話を耳にするので、改めて調べてみました。2015年2月28日現在、ファミリーマートは国内が11,328店、海外は5,642店となっています。特に台湾が突出していて、2,952店も出店しています。次いで中国とタイに多く出店しています。

 成長するアジアに注力すれば活路が見いだせるのでは…とこちらが心配するまでもなく、積極的に進出していたんですね。(参考:セブンイレブンは国内が17,206店、海外は37,790店。ローソンは国内が12,081店、海外は554店。各社Webサイトより)




 などと思いをめぐらせていたら、ファミマが中堅のココストアの買収を検討しているとのニュースが飛び込んできました!ローソンもココストアを狙っていたようですが、ファミマが優先交渉権を得たとのことです。ここが攻め時とばかりに、ファミマの動きが激しくなってきました。社長も新しいサービスにチャレンジする旨を述べていますし、これからの展開がますます楽しみです。




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top