FC2ブログ
2015
05.29

増殖しハブ化に拍車がかかる品川エリア

Category: ニュース

 日経BPネットの2015年2月16日の記事『「駅力」で変わる東京のオフィスエリア 多様な機能を揃えた「日本の玄関」めざす 第1回品川駅周辺』によると、品川エリアが今後さらに大きく発展しそうです。「大手町・丸の内・有楽町に並ぶ拠点に格上げする」というフレーズに東京都の野望を感じます。



増殖しハブ化に拍車がかかる品川エリア 
(イメージ画像)



 まず挙げられるのが各路線の強化。3月14日、JR東日本のダイヤ改正により、現在上野が終点の宇都宮線・高崎線・常磐線が東海道線と直通し、品川駅に乗り入れます。山手線・京浜東北線の混雑緩和が期待できますし、山手線東エリアの人の流れにも影響を与えそうそうです。




 一方京急はひと足早く昨年ダイヤ改正を行い、羽田空港までノンストップのエアポート快特の運転本数を増やす等、利便性が高まっています。ここ数年で羽田がぐぐっと国際線を増便したのもかなりの追い風になったことでしょう。




 さらにまだまだ先の話ですが、リニア中央新幹線の駅が品川の地下に建設予定とのこと。国内・海外へのハブ機能が、相乗効果でますますパワーアップしそうですね。




 今思えば東海道新幹線が停車するようになったのがきっかけで、品川駅周辺が盛り上がってきたのではないでしょうか。それまでは乗り換え駅や近辺に勤めているサラリーマンの街といった印象が強く、プライベートで遊びに行くという街ではありませんでした。

 新幹線の開通と前後してオフィス&飲食店の複合施設が整備されたり、プリンスホテルに水族館ができたり…とさまざまな施設がオープン。そして「駅ナカ」の魅力を早くから発信していたのもポイントが高いと思います。かなり早い時期に開業していたと記憶しています(大宮に次いで2005年スタート)。




 そして最後に、このエリアのHOTな話題といえば、山手線の新駅誕生ですね。2020年に合わせて暫定開業するとのことです。少し驚いたのが、新駅と品川駅はデッキでつながるということ。

 「新しい駅の存在価値は…何?」と不思議に思いましたが、新駅のイメージ図を見ると、緑がたっぷり配置され噴水などもあり、とても開放的な空間になっています。13haも敷地がありますから、さまざまな可能性があるでしょう。この際「2020年を目指して」というだけでなく、もっと未来を見据えた素敵なまちづくりを実現してほしいと願っています。





 ところで、新駅の名前はシンプルに「新品川」でいかがでしょうか。「高輪」や「芝浦」だと、後々遺恨が残りそうな気がします。「しんしな」って言いやすいと思いませんか?


 
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top