FC2ブログ
2015
05.12

西日本最大級の大型ショッピングモールオープン

Category: ニュース

 朝日新聞デジタル2014年12月6日の記事「イオン岡山、商店街との共存目指す 駅前回遊へ歩道橋も」によると、2014年12月5日にJR岡山駅前にオープンしたイオンモール岡山では、地元商店街との共存を目指した様々な取り組みがなされています。

このイオンモール岡山では、出店している専門店356店のうち、約2割が岡山県内に本社を置く企業です。また、駅周辺に既存する2商店街では、イオンの電子マネーWAON(ワオン)が利用可能となるほか、イベントを共同で開催し、モールと商店街を回遊する人を増やして地元と一緒に都市を盛り上げようという試みがなされています。



西日本最大級の大型ショッピングモールオープン 
(イメージ画像)


 さて、この施設の規模はというと、売り場面積92,000平方メートルで西日本のイオンモールとしては最大規模になります。前述の通り、専門店の出店数は356店舗で、うち飲食店の数は何と66店舗もあり、週末のランチタイムは各店とも大変な賑わいだそうです。

また、スターバックスなどのカフェ専門店が8店舗と、マクドナルドが2店舗あるため、広いモール内のあちこちで休憩&カフェを楽しむことができます。

さらに、建物の5階にはフジテレビ系列の岡山放送のスタジオが入り、ニュースや情報番組などをこのスタジオから放送していくとのことで、ショッピングモールの枠を超えた「総合商業情報施設」という新スタイルのモールとしての注目も集めています。




 ところで、このイオンモール岡山にもうひとつ大変話題になっている施設があります。それは「女子トイレ」です。洒落たインテリアが施されたその空間は、トイレというより女の子の部屋と見紛うばかりで、「快適な空間をおもてなしする次世代のトイレ」という意味を込めた「ハレマチボーテ」という名前が付けられています。

男性客の立場からすると、「用を足すだけの場所になぜ?」と思ってしまいますが、女性にとっては大切な時間を過ごす場所であり、オシャレで豪華なこのハレマチボーテは「女子力が高い」と来店客の評判は上々だそうです。




 ちなみに、来店客の中には「ハレマチボーテ」内で写真だけ撮って帰る人もいるとか。「楽しい」空間を提供するという意味では、これもありなのでしょう。


 
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top