FC2ブログ
2020
05.25

多様化するオフィスと働き方

Category: ニュース
 
 東洋経済ONLINE2020年5月12日の記事「居抜きに間借り、コロナで変わるオフィス賃貸 オフィスのあり方を再考する契機に」によると、これからのオフィス事情が大きく変わっていくような動きが生まれているとのことです。



多様化するオフィスと働き方 
(イメージ画像:フリー素材より)



 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、緊急事態宣言が発出されたのが4月上旬のこと。5月初旬に39県では解除されましたが、8都道府県では引き続き継続中です(5/18現在)。経済活動とのバランスを見計らいながら、商業施設も徐々に再開し始めています。




 三密(密集・密閉・密接)を避ける対策が生活のあらゆる場面で求められるようになりました。さらに「新しい生活様式」へのシフトチェンジも。「アフターコロナ」というよりも、これからは「ウィズコロナ」を意識した暮らし方がデフォルトになっていくことでしょう。




 さて、その中でも今回はオフィス賃貸事情に注目。政府指導で「働き方改革」という言葉が先行していましたが、はからずも新型コロナウイルスがきっかけとなり、一気に多様な働き方が進みました。いま現在も在宅勤務やリモートワーク、時差出勤を実践中の方も多いのでは?




 在宅勤務やリモートワークが増えるにつれ、反比例して出勤する人は減っています。高い家賃を払って広いオフィススペースを確保する、という発想を見直すのも当然の流れ。実際、オフィス移転計画を中断している企業が多いのだそう。あるいは借りる面積を縮小する場合も。特にスタートアップやベンチャー企業では、その辺りの判断をフレキシブルにおこなうことが可能なようです。




 また、オフィス移転にかかる費用を低く抑えるサービスが好調なのだとか。飲食店ではよくある「居抜き」をオフィス賃貸に取り入れていたサービスや、出社する人が少なくなりあいたスペースを他の企業に貸し出すというサービスも登場しています。




 いずれにせよ、オフィスビルの広いフロアに社員が集まって仕事をする、という会社のあり方が変わっていくことでしょう。本社機能というベースはありつつ、リモートワークやサテライトオフィスなど、働く場所や時間は分散化へ向かっていくのではないでしょうか。




 働く身としては、自由度が高まるは大歓迎。ただ記事にもあるように、コミュニケーションは課題だと思います。やはりフェイストゥーフェイスのやりとりがベースだと感じます。そしてなにげない会話や雑談が関係性を育てるんだな~と改めて感じる今日この頃です。




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top