FC2ブログ
2020
03.30

安心で快適なオフィス 神田スクエア

Category: ニュース
 
 suumoジャーナル2020年2月21日の記事「住友商事単独で過去最大規模、東京・神田に複合ビル」にて、竣工したばかりの施設が紹介されています。千代田区神田錦町二丁目に誕生した「KANDA SQUARE」。大規模な開発が進む周辺の大手町・丸の内、八重洲・日本橋あたりとはひと味違うものになるのでしょうか?



安心で快適なオフィス 神田スクエア 
(イメージ画像:フリー素材より)



 書籍や楽器、学生街の(そしておいしいカレー屋が多い)イメージが強い神田界隈ですが、少しずつオフィスビルが増えています。「KANDA SQUARE」は住友商事が単独で手がけるものでは最大規模のプロジェクトだとか。周辺がオフィス街然としていないので、あくせくせずに働けそうな気がするのは私だけでしょうか?!




 5階から最上階の21階がオフィスゾーン。すでにテナントはほぼ内定しており、3月から入居が始まっている模様。1階は商業ゾーンで、詳細は未定ながらもオフィスワーカーを支えるレストランやカフェが進出することでしょう。2階には最大1000人が収容できる多目的の「スクエアホール」、3階には小ホールと会議室が併設されています。




 とここまではスタンダードなオフィスビルの仕様。それに加えて高い防災・環境性能を備えているところが大きな特徴といえるでしょう。オフィスビルとしては最高基準の耐震性能・Sグレードを採用。Sグレードとは、地震後に防災拠点としての使用できる建物を意味するのだそうです。




 また災害時には、都市ガスを燃料とした非常用発電機で周辺ビルへ電力を供給。最大15日間連続の稼働が可能とのことです。給排水の備蓄があるため、上下水道がストップしてもトイレは3日間使用できる、といったライフラインをカバーする設備が盛り込まれています。「プレミアムグリッド(R)サービス」と呼ばれ、国内初の導入を果たしました。




 というように最新の機能に注目してきましたが、そこはかとなく文化と歴史の香りがする神田エリア。所在地が神田錦町ということで、織物の一種・錦織(にしきおり)をテーマにした外観になっています。言われてみれば、経糸と横糸が立体的に組み合わされているような…とにかく存在感があります。




 当然といえば当然なのですが、新しく開発されるビルは機能面でもデザイン面でも、そこで過ごす人たちにとって快適な環境となるべく設計されていますね。これからもその流れに沿って進化していくことでしょう。




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top