FC2ブログ
2020
02.17

高輪ゲートウェイは日本のゲートウェイに

Category: ニュース
 
 流通ニュース2020年1月8日の記事『J-WAVE/「高輪ゲートウェイ駅」に日本酒楽しめるレストラン』にて、新しいコラボが紹介されています。東京のFMラジオ局J-WAVEがプロデュースするエンタメレストラン「J-WAVE NIHONMONO LOUNGE」。その名の通り、日本のものをフィーチャーしたラインナップになるようです。



高輪ゲートウェイは日本のゲートウェイに 
(イメージ画像:フリー素材より)



 自分探しの旅を経て、その後日本文化への造形を深めていった元サッカー選手の中田英寿氏。彼が主催する「CRAFT SAKE WEEK」とのコラボで、日本全国の日本酒がいただけるとのことです。現在、国内の酒蔵は1,400余りあるといわれています。最盛期には7,000以上あり、その数は年々減少傾向に。アルコールの種類と選択肢が増え、消費者の嗜好も広がったため、その流れはいたしかたないことでしょう。



 がしかし、日本酒業界も手をこまねいているだけではありません。近年では海外でのプレゼンテーションやコンクールに積極的に参加しています。その努力が実って世界に販路を広げつつあり、日本酒への評価も高まっています。「SAKE(サケ)」で通じるようになってきているようですよ。サケと言えばアテ。「NIHONMONO LOUNGE」限定で日本酒に合うメニューを展開します。詳細は後日発表されるそうですが「CRAFT SAKE WEEK」で人気のレストラン監修の逸品が提供されるとのことです。




 ついサケに気を取られてしまいますが、そこはJ-WAVE。音楽やエンタメ要素が充実しています。ラジオの公開生放送やミニライブ、ショートフィルムの上映など、さまざまなコンテンツを発信していくとのことです。なにしろ「NIHONMONO LOUNGE」のキーワードは「SAKE」「FOOD」「MUSIC&ENTERTAINMENT」「ART」と盛りだくさん。




 というのも「NIHONMONO LOUNGE」は「Takanawa Gateway Fest(高輪ゲートウェイフェスト)」の一環でオープンするレストラン。東京オリンピック・パラリンピックに向けて、9月上旬まで開催されるいわばお祭りのようなものなのです。日本の文化や先進テクノロジー、そしてもちろんスポーツなどバラエティに富んだ施設やイベントが集い、日本の魅力を体験する空間として企画されました。




 ということで、高輪ゲートウェイフェストのイベントはすべて期間限定。「J-WAVE NIHONMONO LOUNGE」は7月上旬までです。3月には高輪ゲートウェイ駅が開業し、各イベントスペースもオープンします。オリンピック・パラリンピックへの関心を高めていくのに貢献していくことでしょう。




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top