FC2ブログ
2020
01.27

日本ならでは アパレルと銭湯と地域活性

Category: ニュース
 
 WWD JAPAN2019年12月14日の記事『「アーバンリサーチ」が高円寺の「小杉湯」とタッグ 東京2020に向けて銭湯のある暮らしを発信』にて、アパレルブランドと街の銭湯とのコラボが紹介されています。若い世代が銭湯を街のコミュニティの場としてとらえなおす動きが、散発的ではありますが各地で発生しています。そんな中アパレル企業が取り組む、銭湯とは?



日本ならでは アパレルと銭湯と地域活性 
(イメージ画像:フリー素材より)



 2020年3月にスタートする「アーバンセントー(URBAN SENTO)」。「アーバン」がつくと、俄然あか抜けた響きになるから不思議なものですね。アーバンリサーチはアパレルや飲食など複数のブランドを手がける企業。それとは別に、会社として「ジャパン メイド プロジェクト」を展開しており、「アーバンセントー」はその第6回目。地域活性化を目的とし、日本各地の企業やクリエイターとともに土地の魅力を発信していくとのことです。




 高円寺の老舗銭湯「小杉湯」とのタッグ。オリンピック開催が迫るタイミングで都市のくらしのあり方を見つめ直したとき、銭湯の可能性に思い至ったのだとか。地域の人々が集い、裸のつきあいで体も精神的にもほっこりする場所。そんな銭湯を体験することによって、街の魅力や文化の再発見につなげていきたいとのことです。




 ひとっぷろ浴びた後、そのまま着て街を歩けるようなウエアを販売するとか。おしゃれなガウン的なものでしょうか? 他のお風呂グッズも販売予定で、白を基調としたセットになる模様です。銭湯に通いなれていないと、何を持っていけばいいか悩みませんか?そんなとき「アーバンセントーセット」があれば、サクッと準備してぷらっと銭湯へ行けますね。




 ここ数年、業種の壁を超えてローカルな食材や地域の伝統工芸を掘り起こそうとする動きが加速しているように感じます。東京でも地方の名産品を目にすることが増えました。「雑貨×食品×服飾品」など品ぞろえが多岐にわたっているので、訪れる側としても楽しいショップ構成になっています。




 アーバンリサーチの取り組みは、商品を通してその先の体験を提供するところまで目指しているところがユニーク。「ジャパン メイド プロジェクト」以外にも、ファミリーマートとの協業で「アーバン・ファミマ!!」という新業態も始めるそうです。アパレル業界が厳しいと言われて久しいですが、「衣」から始まり「食」や「住」まで解釈を広げて、ライフスタイル提案企業として、積極的に発信していくことが今後の流れになっていくことでしょう。




 「アーバンセントー」が軌道に乗り、他の銭湯へと広がっていくとおもしろくなりそうですね。3月からは気候も暖かくなっていくでしょうから、アーバンガウン(仮)で高円寺を闊歩する若者が増えるかもしれません!




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top