FC2ブログ
2019
12.23

アキオカに大人の基地が誕生

Category: ニュース
 
 アキバ経済新聞2019年11月28日の記事『秋葉原~御徒町間の高架下に新商業エリア「SEEKBASE」 店舗とホテルで構成』によると、JRの高架下に新たな商業施設が誕生するとのことです。ものづくりが盛んなエリアのDNAを受け継ぎながら新たな切り口を加え、活性化につながる取り組みと言えそうです。



アキオカに大人の基地が誕生 
(イメージ画像:フリー素材より)



 ジェイアール東日本都市開発による施設の正式名称は「SEEKBASE AKI-OKA MANUFACTURE」。あらたな出会いとワクワクが製造されるようなエリアを目指すのだとか。12月中に第1期分となるホテルと商業施設がオープンします。




 まず気になるのが「UNDER RAILWAY HOTEL AKIHABARA」。国内外から訪れる人が多い秋葉原ですが、ビジネスホテル系が多い印象があります。「UNDER RAILWAY HOTEL」は大人数用の部屋も準備されており、ファミリー層も取り込めるのでは?高架下という限られたスペースをうまく活かしつつ、「アーバンロハス」気分でゆったりと過ごせるのだそうです。




 商業施設で取り扱う商品は、遊び心とこだわりを持った大人のニーズに応えるものが多数。中古カメラ、日本製のイヤホン・ヘッドホン、レア盤も取り扱うレコードショップ、ソフビ人形、国産腕時計、カスタムできるオーディオセットなどなど。電気街の雰囲気をそこはかとなく感じさせますね。




 店舗構成から想像するに、ターゲットは大人の男性かと思います。が、幅広い世代にとっても楽しめそうなユニークなラインナップ。他にも蒸留所を併設したクラフトジンのお店やDJ教室なども登場予定。新しい出会いにあふれた空間になることでしょう。




 JRが進めてきたAKI-OKA(秋葉原~御徒町)エリアの開発。手仕事の品々がそろう「2k540」や日本中の逸品食材を扱う「ちゃばら」などを展開してきました。「SEEKBASE」はこれらの施設の中間に位置することもあり、連携してにぎわいを生み出していくことを目的にしています。




 秋葉原から御徒町へ行けば上野はすぐそこ。アメ横や上野公園の美術館・博物館など見どころはたくさんあります。それぞれの地域の特色を出しながらゆるくつながり、人の流れ(とお金の流れ)が活発になるのは地域にとっても訪れる人にとってもメリットがあります。「SEEKBASE」より良い流れを生み出すスポットになるよう、期待しましょう。




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top