FC2ブログ
2019
11.25

西日暮里で、学びでつながる

Category: ニュース

 SUUMOジャーナル2019年10月8日の記事『JR「西日暮里駅」構内に文化交流拠点などオープン』にて、新しい駅ナカ施設が紹介されています。山手線内ではちょっぴりマイナー感が否めない西日暮里。しかし高輪ゲートウェイ駅が完成するまでは山手線で最新の駅です!48年前の開業ですが…。それはさておき人気の谷中エリアも近く、住んでみると結構いい街なんだそうです。



西日暮里で、学びでつながる 
(イメージ画像:フリー素材より)



 そんな西日暮里駅に誕生するのは、文化交流拠点「エキラボniri」と地域事業創造拠点「西日暮里スクランブル」。「エキラボniri」はイベントやワークショップを開催するスペース。西日暮里にちなんだ企画が準備されています。




 例えば社交ダンス入門体験。繊維街が近く、ダンス用のきらびやかな衣装を仕立てる店も点在しており、ダンス教室も多いのだとか。他には西日暮里に本社を置くハーモニカ・アコーディオンメーカーによるハーモニカ教室、「ファーブル昆虫記」にちなんだ博物館がおこなう標本作成教室などなど。地元に根付きながらもユニークなラインナップですね。




 ちなみに「niri」とは鉄道電報番号(JRの電報で使用する略号)の「ニリ」から採られた呼称です。「今日ちょっとニリってく?」みたいに使われればしめたもの。地域のみなさんに浸透していくといいですね!




 「西日暮里スクランブル」は、新しい学びの創出がテーマの施設。西日暮里エリアの酒屋さんおすすめの酒とつまみが楽しめる角打ち、新鮮野菜を提供する八百屋、自然栽培茶を使った焼き菓子店などが開店予定。まだ入居募集中のスペースがあるようなので、今後もこだわりのセレクトによるお店が登場するのではないでしょうか。




 いずれも運営するのは、谷中エリアを中心にリノベーション事業を手がける株式会社HAGI STUDIO。空き家などを家屋としてだけでなく、カフェやギャラリー、ミニマムな宿泊施設として再生させてきた実績があります。地元の人が先生になるまちの教室「KLASS」も運営しており、その新しい場所として「エキラボniri」のスペースが活用されるとのことです。




 両施設のコンセプトは「エキラボniri」が「暮らしと学びを近づける、駅で。」、「西日暮里スクランブル」が「まちをまぜ、駅から新しい学びを」。というように「学び」を強く意識したものとなっています。その心は…江戸時代から虫の声を聴いたり、桜を鑑賞しながら歌を詠むなど文化交流がおこなわれていた場所柄だったことからだそう。




 子供はもちろん、大人だっていくつになっても新しいことを学びたい人が増えています。昆虫標本はちょっとアレですが、社交ダンスは体験してみたいですね。Shall we dance?!




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top