FC2ブログ
2019
11.11

ついに始まるシモキタの再開発

Category: ニュース
 
 日本工業新聞社のサイト版・ニュースイッチ2019年9月30日の記事「“シモキタ”に温泉旅館が誕生する…エリア再開発の全貌」によると、下北沢駅の再開発計画が決定したとのことです。線路の地下化や高架化の整備が進み、いよいよ本格的にもろもろの施設が整備されていく模様。シモキタらしさを活かした開発の概要とは?



ついに始まるシモキタの再開発 
(イメージ画像:フリー素材より)



 世田谷区と小田急電鉄、京王電鉄が取り組む大規模な下北沢エリアの再開発プロジェクト。“シモキタ”を中心としたエリア、世田谷代田~下北沢~東北沢の3駅分のエリアが対象となります。広域となることもあり、さまざまな種類の施設が誕生するようです。




 再開発前の雑然とした雰囲気を懐かしむ方もいらっしゃるでしょうが…より良い街になるための前向きの開発、ということで生まれ変わる街を楽しみに待ちましょう。世田谷区長も「シモキタらしさを残しながら、魅力あふれる街にしていきたい」とおっしゃっています。




 小田急による開発は名づけて「下北線路街」。なんといっても気になるのは温泉旅館。箱根から温泉のお湯を運んでくるんだそうです。さすが箱根をメジャーな観光地へ押し上げた小田急。観光客だけでなくお湯も運びます!他にも商業施設や学生寮、ホテルなど、滞在を意識したラインナップになりそう。




 先行オープンしている「下北線路街 空き地」では、パフォーマンスやレンタルキッチン、ライブやマルシェなど、フレキシブルに活用できるスペースでさまざまなイベントを開催していくとのこと。2020年12月にはすべての施設がお目見えするので、それまでは空き地ならではのオープンな雰囲気が楽しめますね。




 一方、京王の開発詳細は今後明らかになる予定。下北沢駅高架下に個性的な店舗を集めた商業施設や図書館カウンターが計画されているのだとか。こちらは2021年オープンを目指します。「中目黒高架下」や「2k540 AKI-OKA ARTISAN」など、おしゃれでクリエイティビティあふれる高架下スポットになるよう期待したいですね。




 というように現時点では小田急が一歩リードしていますが、シモキタをさらに盛り上げていきたというこころざしは小田急も京王も同じのはず。良きライバルとして切磋琢磨しながらシモキタの未来を創り上げていくことを願っております!




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top