FC2ブログ
2019
10.28

TSUTAYAが台湾ティーはじめました

Category: ニュース
 
 FASHIONSNAP.COM2019年9月19日の記事『TSUTAYA初のカフェ単独店、台湾発ティーブランド「カムバイティー」日本1号店が表参道にオープン』にて、初づくしの台湾ティー専門店が紹介されています。日本初上陸、そしてTSUTAYA初の本もCDも売っていないカフェ。それだけにとどまらない「カムバイティー」の魅力とは?



TSUTAYAが台湾ティーはじめました 
(イメージ画像:フリー素材より)



 2002年に台北からスタートした「カムバイ(COMEBUY)」は、すでに世界で300店舗ほどを展開しているティースタンド。より上質な味わいのお茶を提供するため2016年に誕生したのが、今回日本に初進出する「カムバイティー(COMEBUYTEA)」です。世界の産地から選び抜かれた茶葉と、そのおいしさを最高に引き出すための抽出と。独自開発したというディーグラインダーとティープレッソマシンが並ぶバーカウンターがかっこいい!




 提供するのはエスプレッソならぬティープレッソ。蒸気が噴き出し、お茶の良い香りが店内いっぱいに漂うことでしょう。オーダーするものによってはティーバーテンダー(!)がシェーカーを振って完成するものも。シェイクするとお茶に空気が入りより香り高くなるのだそう。ちなみにインドのチャイも2つのカップを何度も往復させてシェイクしてくれますが、同じ理由なのでしょうか。




 お茶とシェイクするのはミルクやフルーツジュース。名づけて「クリエイティー(CREATEA)」。トッピングはタロイモ・こんにゃく・アロエなどヘルシーなもの。今流行のタピオカが高カロリーということに気づいてしまった人たちにとっては、うれしいポイントですね。一方お茶本来の味を楽しむなら「クオリティ(QUALITEA)」をチョイスしましょう。




 TSUTAYAの社長が惚れ込んだという「カムバイティー」。「ツタヤ ブック ストア」を台湾で店舗拡大していく過程で知り、ライセンスを取得したのだとか。カフェと本屋を融合させた「TSUTAYA TOKYO ROPPONGI」がオープンしたのが2003年のこと。その後「蔦屋書店」など、ライフスタイル発信型とも言うべき店舗を送りだしてきたTSUTAYA。台湾ティー専門店とは、少し意外な戦略だなと思った方も多いのでは?




 しかしそこはもちろん今後の展開も見すえてのこと。まずは「カムバイティー」ブランドを浸透させることを目的としています。1号店が表参道なのもそういう目論見からです。そうしてブランド価値を高めつつ、将来的には複合店として出店していくとのことです。場所柄や年齢層などエリアによって条件はさまざま。その場所に合った形で拡がっていくのではないでしょうか。おしゃれな街に集中的に出店していくような気がしますが…ティープレッソ、飲んでみたいです。




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top