FC2ブログ
2019
09.09

街とリンク みんなとリンク リンクスウメダ

Category: ニュース
 
 日本経済新聞2019年7月19日の記事『名称は「リンクスウメダ」 ヨドバシの新商業施設』にて、ヨドバシホールディングスによる複合施設が紹介されています。家電量販店の枠を越え拡大するヨドバシの戦略とは?



街とリンク みんなとリンク リンクスウメダ 
(イメージ画像:フリー素材より)



 今年の秋、大阪の梅田に開業予定の「LINKS UMEDA(リンクスウメダ)」。たくさんの「LINK」が生まれる場所を意識しているそう。既存の「ヨドバシカメラマルチメディア梅田」とともに「ヨドバシ梅田タワー」を形成し、さまざまなサービスを展開していくとのことです。

 


 現在明らかになっているのは地下のグルメフロアと8階のコワーキングスペース。地下1階は居酒屋を集めた横町と、うめきた最大級のスーパーマーケットが入居します。梅田の新名所、食のメッカを目指すんだそうです。




 8階は世界中でコミュニティ型ワークスペースを展開するWeWorkが入ります。大阪ではなんばと御堂筋に次ぐ3件めで、商業施設と同じフロアにオープンするのは初の試み。働く人たちのコミュニケーションやアイデア力を高めることがコンセプトの1つでもありますが、他にはないコラボレーションが期待できますね。




 8階で仕事をしながら地下の飲食店でランチや仕事帰りの一杯を楽しむ、という流れを想定しているとのこと。JR大阪駅や阪急梅田駅が目の前ですので終電直前まで楽しめます。一杯で済んでないじゃあないか!というツッコミはさておき。また、ビジネスパーソン向けだけでなく家族で楽しむことも想定しています。ゴルフの試し打ちや各種ショップ、キッズスペースも入居するそう。さまざまな世代のニーズに応えます。




 さらに上層階は「ホテル阪急レスパイア大阪」が11月に開業。1000室を越える大型ホテルとなります。癒し(Rest)と活力(Inspire)がコンセプトということもあり、仕事や観光の拠点になることでしょう。




 東京でいうと秋葉原のヨドバシAkibaに似たイメージでしょうか。こちらは最上階にレストラン街があり、いわゆるシャワー効果で回遊性が生まれています。ネット通販が成長し続け、家電量販店をはじめとしたリアルなショップはショーケース化している今の時代。オムニチャネルの取り組みも進んではいますが、やはり実際に店舗に来てくれる仕掛けは欠かせないものになっています。どの業界でも専門性を保ちつつ他業種と組むことで、欲張りでめんどくさがりな消費者を呼び込む取り組みが今後も続いていくのではないでしょうか。




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top