FC2ブログ
2019
09.02

オリンピック効果に期待が高まる街

Category: ニュース
 
 SUUMOジャーナル2019年7月19日の記事『オリンピック時に人気が出ていそうな街、1位は東京メトロ有楽町線「豊洲」』にて、住みたい街ではなく「2020年の東京オリンピックの時人気が出ていそうな街ランキング」が紹介されています。調査は今年1月に行われ、「2020年」というキーワードがあるためオリンピックに所縁のある街がランクインしています。



オリンピック効果に期待が高まる街 
(イメージ画像:フリー素材より)



 1位は豊洲。マンションが建ち、比較的若い世代が住み始めたこともあって、学校や商業施設も充実してきています。現在も再開発案件が進行中で、今後も街の発展が見込まれているとのこと。競技の開催地に近い湾岸エリアに近いことですし、これは納得の結果ではないでしょうか。




 2位は品川。10位の田町と併せて注目のエリアです。山手線の新駅の名称「高輪ゲートウェイ」もなにかと話題になりましたね。国としては、このエリアを大手町・丸の内エリアに並ぶビジネスの拠点とするもくろみがあるとか。働く人が集まれば、飲食や商業施設なども併せて開発されるはず。かなり期待できそうですね。羽田空港や新幹線へのアクセスが良いのも大きなアドバンテージでしょう。




さて参考までにトップ10をご紹介しましょう。

 1位 豊洲
 2位 品川
 3位 東京
 4位 渋谷
 5位 新宿
 6位 浅草
 7位 月島
 8位 銀座
 9位 勝どき
 10位 田町 代々木
  ※株式会社リクルート住まいカンパニーのニュースリリースより

出ていそうというかすでに人気の街も多いですが…そんななか月島と勝どきへの期待が浮かび上がっております。




 7位の月島は今、タワーマンション街に変わりつつあるんだそうです。もんじゃで有名な下町というだけでなく、住む街としてチョイスする人が増えているんですね。建物の老朽化や防災面を強化するための再開発で生まれ変わりつつあります。9位の勝どきもタワマン建設と同時に、駅の拡張工事やバス路線も整備される予定。このエリアは比較的アクセス面が弱いので、この点が解消されるとより住みやすい街になっていくことでしょう。




 いよいよ来年はオリンピック・パラリンピックが自国で行われるまたとないチャンス。素敵な思い出が残るような良い大会にしたいものですね。競技場や周辺施設が負の遺産にならないよう、レガシーとして残っていくことを願いつつ。そして東エリアの開発が進む東京は、人口分布が変わっていくかも?国を挙げてのイベントであるオリンピックのパワーを感じることになるかもしれません。




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top