FC2ブログ
2019
08.26

福岡大改革 その名は「天神ビッグバン」

Category: ニュース
 
 東洋経済ONLINE2019年7月18日の記事「九州初リッツ・カールトン福岡が大注目の理由」にて、福岡市・天神地区の再開発が紹介されています。「天神ビッグバン」と名づけられた大規模プロジェクト。「ザ・リッツ・カールトン福岡」の開業が注目されていますが、福岡市としてはもっと先を見つめるいるうようです。



福岡大改革 その名は「天神ビッグバン」 
(イメージ画像:フリー素材より)



 「天神ビッグバン」による再開発は2025年に完了予定。宿泊・オフィス施設の増加に伴い、雇用や経済波及効果も2倍ほどになると試算されています。先日始まったこのプロジェクトには積水ハウス、西日本鉄道、西部瓦斯、西日本新聞社、福岡商事など地元企業が参画しています。福岡を盛り上げようとする気合いを感じますね。




 「ザ・リッツ・カールトン福岡」は九州初というだけでなく、客室数やその広さ、そして高級感が魅力。コンペの勝因の1つがリッツ・カールトンの誘致だったとか。アジア各地からのアクセスが良い福岡ですが、ホテルなどの宿泊施設は不足気味でした。リッツ・カールトン開業が刺激となり、他の企業も参入してくれば問題が解消されるのではないでしょうか。




 と、ついついリッツ・カールトンに目がいきがちですが、同時に開発されるのがオフィス施設。最新の機能を備えたハイグレードオフィスが誕生するとのことです。宿泊同様、福岡市はワンフロアで大人数が働けるオフィスビルが少なかったんだそう。これまた意外です。そのために、とある世界的企業から福岡市進出の打診をお断りしたこともあるとか。オフィス需要が充実すれば、国内外の企業誘致も進むことでしょう。




 もう一つ力を入れていくのが、創業支援・人材育成の拠点づくり。企業をバックアップするコワーキングスペース、イベントホールを建設するとのことです。自治会や保育施設、広場なども併設し、地域の交流拠点機能も強化されます。




 ちなみに福岡市では、博多駅周辺の再開発も5月から始まっており、今後10年で老朽化した20棟のビルを立て替えていくとのこと。街が大きく変わりつつある過渡期を迎えています。他県から見ると福岡は大都市というイメージがありますが、良い意味でのローカル感を大切にしてきた土地柄やメンタリティーが残っているのでしょうか。




 古くは中国・朝鮮半島(を経由して西アジアやイスラム圏の文化まで)との交易の拠点だった九州・福岡。令和の大発展の見通しは良好といったところでしょうか。ただし、ラーメンの替え玉料金は倍以上に跳ね上がってしまうかもしれません!




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top