FC2ブログ
2019
08.19

京橋の中に芸術と文化の京橋彩区が誕生

Category: ニュース
 
 FASHION PRESS2019年7月5日の記事『ブリヂストン美術館がリニューアルで「アーティゾン美術館」に、新芸術・文化拠点「京橋彩区」内に誕生』にて、東京・京橋エリアの再開発プロジェクトが紹介されています。「京橋彩区(きょうばしさいく)」と名づけたその心はいかに?



京橋の中に芸術と文化の京橋彩区が誕生 
(イメージ画像:フリー素材より)



 JR東京駅や銀座、日本橋などの周辺エリアに比べると若干固めのイメージがあった京橋エリア。2016年に「京橋エドグラン」がオープンし、少しずつ注目されるようになってきました。そのエドグランのほど近くに誕生する「京橋彩区」。「ミュージアムタワー京橋」と「新TODAビル 文化貢献施設(仮称)」と広場の「アートスクエア」からなる街区です。




 掲げるコンセプトは「アートと文化が誰にも近い街」。まちに開かれた芸術・文化拠点の形成するべく、誰もが気軽に芸術・文化を体感できる機会と、若手芸術家の育成、情報発信の場を創出するとのことです。その中心的存在となるのが、ミュージアムタワーにオープンする「アーティゾン美術館」です。




 前身は1952年に開館した「ブリヂストン美術館」。こちらの方が耳なじみがありますが、今回のリニューアルを期に改称することとなりました。ちなみにアーティゾン(ARTIZON)は造語で「ART」と「HORIZON」を合わせたものだそう。アートの地平から新たな創造を…という姿勢が感じられますね。




 ブリヂストン創業者の石橋正二郎氏のコレクションを所有するこちらの美術館。リニューアルで展示面積は2倍になり、より多くの作品に触れられることでしょう。新築あるいはリニューアルされる美術館の傾向として、建物自体やアートを体感できる空間としての魅力がフィーチャーされることが増えましたね。「アーティゾン美術館」も期待が高まります。オープンは2020年1月です。




 「新TODAビル 文化貢献施設(仮称)」の開発はこれからで2024年に竣工予定です。ギャラリーやクリエーター向けのコワーキングスペース、イベントホールなどが併設されるとのこと。今夏より一部オープンする「アートスクエア(仮称)」では芸術・文化系のイベントが開催されるのだとか。




 段階的に開業していくので「京橋彩区」のコンセプトをガツンと打ち出していくには苦戦するかもしれませんが…街づくりは一朝一夕では成り立たないもの。街を愛し集う人々によって自然と育っていくのではないでしょうか。




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top