FC2ブログ
2019
07.08

町田に新しい街が誕生 南町田グランベリーパーク

Category: ニュース
 
 SUUMOジャーナル2019年5月17日の記事『「南町田グランベリーパーク」、11月にまちびらき』にて、官民連携による開発プロジェクトが紹介されています。2017年に閉店したグランベリーモールが装いも新たに帰ってきます。町田エリアの方々にとっては待ちに待ったリニューアルではないでしょうか。



町田に新しい街が誕生 南町田グランベリーパーク 
(イメージ画像:フリー素材より)



 コンセプトは「生活遊園地~くらしの『楽しい』があふれるエンターテイメントパーク~」。東京都町田市と東急電鉄、ソニー・クリエイティブ・プロダクツによる大型プロジェクトです。田園都市線・南町田駅の南側に「新しい暮らしの拠点」を創り出すべく商業施設や公園、都市型住宅を整備するとのことです。敷地面積は依然とさほど変わらないものの、店舗数は2倍以上になるとか。




 その中でも注目されているのが「スヌーピーミュージアム」でしょう。こちらのオープンは12月の予定です。六本木にあった旧ミュージアムは期間限定でしたが、グランベリーパークで常設として復活します。アメリカの「チャールズ・M・シュルツ美術館」の公式サテライト(分館)として、六本木よりも2倍の規模となりパワーアップ。貴重な原画の展示するとのことです。




 スヌーピーはキャラクターとして充分チャーミングですが、原作のコミック「ピーナッツ」もおもしろいんです。おもしろいというよりもちょっぴり哲学的な雰囲気をまとっているかのよう。登場人物たちの言葉がなんとも言えない深みがあるといいますか、ウイットに富んでいるといいますか。じっくり鑑賞できる場所ができるのはうれしいことですね。




 スヌーピーのオリジナルグッズはもちろん、カフェなども展開されます。またワークショップルームも併設されるようなので、「ピーナッツ」の世界をより身近に体験することができるでしょう。子どもから大人まで楽しめること間違いなし!というかむしろ大人がはまるかもしれません!




 およそ230からなる店舗は、4割がアウトレット、3割が飲食系とのこと。他にもアウトドアやシネコンなども備え、エリアごとにさまざまなエンターテインメントを提供していくとのことです。近隣エリア以外からも訪れる人が増え、地域のにぎわいに大きな役割を果たしていくことになるでしょう。単なる商業施設の開業ではなく、あえて「まちびらき」という言葉をチョイスしたところに町田の意気込みを感じます。




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top