FC2ブログ
2019
06.24

始まりの地・兜町に誕生する「KABUTO ONE」

Category: ニュース
 
 日本経済新聞2019年5月21日の記事『平和不、兜町の再開発ビルの名称「KABUTO ONE」に』にて、兜町のランドマークとなるであろう施設が起工式を行ったとのことです。ガーデンでもテラスでもヒルズでもなく「KABUTO ONE(カブトワン)」。切れ味鋭い、頼もしい響きですね。



始まりの地・兜町に誕生する「KABUTO ONE」 
(イメージ画像:フリー素材より)



 東京メトロの茅場町駅に直結する予定でアクセスは申し分なし。証券取引所からも近く、江戸から明治期に始まった証券取引の歴史を引き継ぎ、さらにこのエリアの発展を後押ししていくことでしょう。




 「KABUTO ONE」は2021年に地上部分と駐車場が開業し、2023年には全面開業予定。東京オリンピック・パラリンピックをターゲットとしたホテルや商業施設とは違い、腰を据えた開発といったところでしょうか。それもそのはず「KABUTO ONE」は、2018年に国家戦略都市計画建築物等整備事業に認定されたプロジェクトなのです。




 低層階には飲食店が入り、上層階がオフィスとなる複合施設型。中層には投資家と企業の交流を促すライブラリー・ラウンジや株主総会にも対応できるホールを整備するとのこと。オフィス占有面積は茅場町エリアで最大級になるんだそうです。




 兜町というと、日本経済を動かすビジネスパーソンたちの街というイメージが強いと思いませんか?バリバリのサラリーマンが闊歩しているといいますか…とにかくビジネスの街・兜町。ショッピングやレジャーで訪れることがないので、そんなイメージが定着しているように思います。それ故に大規模な開発が成されてこなかったのかもしれません。




 プレスリリースの完成予想図によるとオフィス階はガラス張りで風景に溶け込むような外観。一方エントランスやホールなどの内装は落ち着いた雰囲気になるようです。また防災機能を備えているため、証券保管振替機構(電子化された証券の振替など、証券決済インフラ業務をおこなう組織)の入居がすでに決まっているとのことです。




 その他の企業や飲食店は未定ですが、何はともあれ「KABUTO ONE」は、兜町に新しい風を吹き込むことになることでしょう。奇しくも令和という時代とともに。




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top