FC2ブログ
2019
05.27

サイクリストでなくても行きたくなる プレイアトレ土浦

Category: ニュース
 
 流通ニュース2019年4月18日の記事『アトレ/サイクリング強化した「PLAYatre」第2弾開業、食を充実』にて、茨城県土浦市の商業施設「PLAYatre TSUCHIURA(プレイアトレ土浦)」が紹介されています。近隣のサイクリングコース「つくば霞ヶ浦りんりんロード」の起点となるロケーション。サイクリングを楽しむ人たち向けのサービスをさらに充実させました。



サイクリストでなくても行きたくなる プレイアトレ土浦 
(イメージ画像:フリー素材より)



 1980年代から商業施設があった場所ですが、紆余曲折を経て2018年にサイクリストをターゲットとした「プレイアトレ土浦」に生まれ変わりました。敷地内のB1F~1Fは官民が協力して地方創生に取り組んだ「りんりんスクエア土浦」として、サイクリングにまつわるサービスをワンストップで提供しています。地域の特色を生かした素敵な取り組みですね。




 サイクルショップやシャワー・ロッカーなどが先行オープンしていましたが、このたび第2弾としてレストランやマーケットゾーンがあらたにお目見え。全長180km(日本一長いサイクリングロードだそうです)のりんりんロードを走り抜くには、腹ごしらえが大事です!茨城産の素材をふんだんに使用しているとのことです。




 さまざまなレストランを展開するバルニバービによる「STATION LOBBY」は日本一の駅の待合所がコンセプト。カフェ、レストランなどの飲食はもちろん、クッキングスタジオやフォトスタジオ、コワーキングスペースなども。サイクリストだけでなく、地域の方たちも集える空間になることでしょう。




 5月末には体験型ブックストアに加えて、地元茨城のおいしいパンやスイーツも登場するとのこと。また、2020年春以降にはホテルがオープン予定だそう。都心から1時間ほどで自転車ざんまいの滞在が可能になります。霞ヶ浦や筑波山をたたえたエリアなので、湖岸コースや山コースなどさまざまな自然が味わえることでしょう。鹿島神宮や牛久大仏など、ぜひ訪れてみたいスポットも点在しています。




 サイクリングに最適といえる季節。レンタルもありますので、手ぶらで行ってもOK。いい汗をかいた後はシャワーでリフレッシュしてプレイアトレでおいしいものを食べて…といういい流れが生まれるのではないでしょうか。いわゆる観光地も良いですが、意外と近くにある自然を感じながらのサイクリングも乙なものだと思います!




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top