FC2ブログ
2019
04.22

ついに出た!コンビニ×角打ち

Category: ニュース
 
 西日本新聞2019年3月7日の記事「全国初コンビニ“角打ち” ポプラ博多駅前店」にて、コンビニと角打ちのコラボ店が紹介されています。



ついに出た!コンビニ×角打ち 
(イメージ画像:フリー素材より)



 まず最初に角打ち(かくうち)とは…
酒屋など店の一角を仕切って立ち飲み用にすることそしてそこで飲むこと。ざっくばらんな雰囲気で、知らない人同士もついつい仲良くなってしまいそうな場所です。ときおりその存在を耳にしますが、九州はもともと角打ち文化があったのだそうです。




 本当にお酒が好きな、通な大人がたむろしているイメージの角打ち。このたびコンビニ店内に登場したとのことで話題になっています。これなら一見さんでも入りやすいですね。もっとポップな感じかと思いきや、写真をみるとまるでバーのようなシックなたたずまい。バーテンダーがお酒をサーブしてくれるんだそうです。




 つまみはコンビニ店内のお総菜やお菓子の持ち込みがOK。しょっぱいものも甘いものも選び放題です。コンビニならではのサービスですね。お酒の種類も豊富。約250種類を取りそろえ、1杯500円から5000円で提供します。珍しいウイスキーも用意しているのだとか。ふらっと立ち寄ってさくっと飲んで帰る…はずが、長居してしまいそう。




 と思いきや、角打ちコーナーの営業時間は午後3時から午前0時まで。ほどよい時間で家路につけます。朝まで飲み明かすというよりも日が高いうちから飲める幸せを、といったところでしょうか。




 飽和状態と言われながら大手3社がしのぎを削るコンビニ業界。特色を打ち出そうと商品開発や新サービスに力を入れています。労働時間問題とIT化によって無人化も始まりそうな状況です。そんな中、お酒を通してコミュニケーションを生み出す角打ちの登場は、とてもユニークな試みではないでしょうか。




 こちらの角打ちの名称は「お酒の美術館」。京都を中心に世界のお酒をお手頃価格で提供するチェーン店です。今までの店舗で培ったノウハウが活きているのでしょう。博多の地元企業ではないことで、かえって思い切った展開ができたのかもしれません。




 「コンビニ角打ち」が家の近所や会社の近くにあったら…絶対寄ってしまうと思います!




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top