FC2ブログ
2019
04.01

サブスクリプションが広げる食の可能性

Category: ニュース
 
 TechCrunch2019年2月12日の記事『月額1万2000円でランチ・ディナーが食べ放題、サブスク型ランチ「POTLUCK」に新プラン』にて、忙しいけどきちんとした食事を摂りたい人にぴったりなサービスが取り上げられています。ランチだけでなくディナーもカバーするサブスクリプションサービスとは?



サブスクリプションが広げる食の可能性 
(イメージ画像:フリー素材より)



 まずは「POTLUCK」についてご紹介しましょう。月額定額制のランチテイクアウトサービスで、事前にスマホからオーダーし、決済も可能なモバイルオーダー&ペイ方式。現在は渋谷・恵比寿・代官山・表参道エリアにて展開中。「飲食店とお客様の関係をあたたかくする」というミッションを掲げ、2018年秋にローンチしました。3月初旬には累計注文数1万食を突破し、順調にファンを増やしています。




 6枚/12枚/20枚のチケット制をメインとし、その中の20チケットプランが今回取り上げた「月額1万2000円でランチ・ディナー食べ放題」へ変更になったとのことです(ただし先着100名でしたので、早々に売り切れたようです…)。




 その他にも随時ユニークなキャンペーンを打ち出しています。ファッションブランドや映画とのコラボに加えて、企業の福利厚生としてランチ補助の「POTLUCK BIZ」を提供するなど、スタートアップらしく多岐にわたってサービスを展開。今後も認知度アップやサービス拡大をめざし、さまざまな仕掛けを行っていくことでしょう。




食べる側にとっては…
  • 忙しい時に、コンビニでパパッとすませるのも味気ない
  • かといってランチ難民になるのは切ない。確実に、おいしいランチを食べたい
というニーズの受け皿として。




飲食店にとっては…
  • 事前予約制なので、忙しいランチタイムも段取りがしやすく作りたてを提供できる
  • 時間が読めることもあり、きちんとお客さんと向き合える
というように、訪れる利用者とよりよい関係を築くために。




などなど、双方にとってメリットが高いサービスではないでしょうか。そしてなにより価格が魅力。上記のエリアはなにかと物価が高いイメージですが、「POTLUCK」のプランでは、いずれも数百円でランチをゲットできます。エリアは随時拡大予定ですので、期待したいですね。丸の内・銀座・有楽町あたりにも進出してほしいところです!




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top