FC2ブログ
2019
03.25

育てて作って発信するパルコ

Category: ニュース
 
 日刊工業新聞社のニュースサイト・ニュースイッチ2019年2月11日の記事「50年目の新しいパルコ、何を売る?」にて、今年の秋開業予定の渋谷PARCOが紹介されています。旗艦店としてパルコのブランドイメージを担うだけでなく、街の活性化をも視野に入れてのリニューアルに期待が高まります。



育てて作って発信するパルコ 
(イメージ画像:フリー素材より)



 先日発表され話題となったのが「ニンテンドートウキョウ」の開設。国内初の直営店となります。ゲーム機やソフト、キャラクターグッズの販売に加えて、イベント開催やゲーム体験など、任天堂の世界観を感じられるスペースになりそう。大人も子供も外国の方も、みんなで楽しめることでしょう。




 「モノからコトの消費へ」を掲げ、PARCOがオープンしたのは1969年。ライフスタイル提案という、現代のトレンドを先取りするかのようなコンセプトでした。百貨店だけでなく文化事業も展開し続けたカリスマ経営者・堤清二氏のセンスにはただただ脱帽です。




 セゾングループとしては紆余曲折ありましたが、今年2019年に50年目を迎えるパルコは意欲的なプロジェクトが目白押し。3月に錦糸町PARCO、夏には沖縄・浦添西海岸にPARCO CITY、秋には新生渋谷PARCOと川崎ZERO GATEのオープンが控えています。「インキュベーション」「街づくり」「情報発信」の役割を果たすために、「原点進化」を意識しているとのことです。




 特にフラッグシップの渋谷PARCOには、思い入れも強いことでしょう。ファッションの楽しさを取り戻すため、個性的なファッションデザイナーやプロデューサーをサポートしていくとか。ファストファッションとは一線を画した、オリジナリティにあふれたデザインを提案します。また店舗以外ではオフィス、育成施設、事業化支援施設、劇場などの併設が予定されています。




 消費者のマインドは移り変わり、80年代の最盛期のように盛り上がるかは未知数ですが…平成の次の時代とともに始まる新生渋谷PARCOに注目ですね。いわゆる百貨店とはひと味違う新たな価値観を提案してくれるのではないでしょうか。




余談ですが、1969年最初のパルコは池袋だっということも心に留めておいてください!




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top