FC2ブログ
2019
03.18

インドから、賃貸業界に新しい風

Category: ニュース
 
 ライフスタイル支援メディアbeyond2019年2月20日の記事『インド発のユニコーン企業OYO(オヨ)、日本の賃貸住宅事業に「OYO LIFE」で本格参入』によると、インドで急成長を続けるホテル運営会社がヤフーと手を組み、日本進出するとのことです。



インドから、賃貸業界に新しい風 
(イメージ画像:フリー素材より)



 「OYO LIFE」のシステムは非常に画期的。例えば…
  • 物件探しはもちろん、契約・支払いから入居・退去まですべてスマートフォンでの手続きが可能
  • すべての部屋が家具家電付き。公共料金、Wi-Fi、清掃などもコミコミ
  • 敷金・礼金・仲介手数料は0円!1ヶ月単位の契約なので、2年などの縛りナシ!
  • 試し住み(3日間)ができる



 などなど、業界の常識を覆すものばかり。それもそのはず、「OYO LIFE」のコンセプトは「旅するように暮らす」。そのために、賃貸契約にまつわるわずらわしい手続きを最小限に抑えながら、快適に暮らせる環境を整えています。創業者でCEOのリテシュ・アガルワル氏は、インド国内を旅行した際さまざまな不便さに気づいたとか。その問題を解消するべく「OYO」を立ち上げたということもあり、利用者目線のサービスが充実しているのでしょう。




 「OYO」はインド最大級のホテルチェーンで、インド国内に10万室以上の客室数を展開するまでに成長したベンチャー企業。中国を中心にアジアにも進出しています。人工知能(AI)を駆使したIT技術力が強みだとか。昨年ソフトバンク・ビジョン・ファンドが投資したこともあり、注目のユニコーン企業です。




 「OYO LIFE」は不動産オーナーにとっても多くのメリットがあります。家賃保証、定期的なメンテナンスと維持管理など、資産管理もおこなうのだそう。そこにヤフーのマーケティング力と集客力を合わせ、ブランドを強化していくとのことです。住む人にとっても貸す人にとってもいいことだらけ。3月のスタートが待ち遠しいですね。




 断捨離やミニマリスト、シェアやサブスクリプションの広がりなど「所有する」という感覚が薄れている今。スモールスタートで新しい生活が始められる「OYO LIFE」のスタイルは、マッチするのではないでしょうか。日本の不動産業界もITを活用した仕組みを取り入れようとしていますが、そんな取り組みを一気に飛び越えた数々のサービス。まったく違うアプローチで攻め込む「OYO LIFE」のインパクトに期待です!




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top