FC2ブログ
2019
02.18

ウエルシア薬局 満を持して都心に登場

Category: ニュース
 
 流通ニュース2018年12月14日の記事『ウエルシア薬局/通行者6万人、都市型モデル店「オーガード新宿店」』にて、新しい業態の薬局が紹介されています。主に郊外型店舗を展開してきたウエルシア薬局による、初の都市型店舗となります。



ウエルシア薬局 満を持して都心に登場 
(イメージ画像:フリー素材より)



 新宿西口の大ガード近くのビル「O-GUARD(オーガード)新宿」。その1階と2階に出店しています。そこには都市部ならではの品ぞろえや店舗運営のノウハウを探っていくという狙いが。1階はドラッグストアとコンビニのいいとこ取りといった雰囲気。入り口近くに弁当、総菜、お菓子が並びます。処方箋を必要としないOTC医薬品とともに、店内奥には調剤薬局も備えています。




 会長によると、売れている商品よりも売ってみたい商品やサービスを導入しているとのことで、かなり意欲的。淹れ立てコーヒーやイートインを取り入れており、周辺で働く人たちのニーズに応えます。地方の店舗とはひと味違うウエルシア薬局です。




 2009年に薬事法が改正され、コンビニでも医薬品(第2類・第3類医薬品)を販売するようになって10年ほど経ちます。またドラッグストアも食品や日用品などの取り扱いが増え、業態の境目がなくなってきていますね。近ごろではローソンやファミリーマートがヘルスケアや薬局との提携を進めつつあり、新たなシナジーを模索中です。




 消費者にとっては、1つのお店でいろいろ買い揃えられるのは助かります。ウエルシアはTポイントプログラムに加盟していて、まさに高ポイント。処方薬でもポイントが貯められて、利便性は高まる一方です。




 現在、調剤薬局の店舗数はコンビニよりも多いんだとか。意外に感じますが医薬分業が進んだ結果でしょう。また調剤業界は大中小の企業が多く存在しておりM&Aも盛ん。各社生き残りをかけて、今後もその動きは加速していくと見られています。




 今後の調剤業界、さらには小売業界の行方を左右するかもしれないウエルシアの都市への進出。新宿の名所となれるでしょうか。ところで薬局だけに、こちらで売っているお弁当はヘルシーなのでしょうか?!




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top