FC2ブログ
2019
01.28

六本木・青山ブックセンター跡地はふたたび本屋に

Category: ニュース
 
 WWDジャパン2028年11月1日の記事「青山ブックセンター六本木店の跡地に新たな書店 12月オープン」によると、6月に閉店した青山ブックセンター(ABC)の跡地に再び感度の高い書店が誕生するとのことです。ABCのDNAを引き継ぎ、デザインやアート関連の書籍を充実させるようです。



六本木・青山ブックセンター跡地はふたたび本屋に 
(イメージ画像:フリー素材より)



 12月、六本木にオープンするのは「文喫(ぶんきつ)」。文化を喫するというコンセプトに基づいた、本と出会うための本屋です。売場構成は書籍・雑誌の販売スペース、ギャラリースペース、喫茶兼イベントスペース。そこはかとなく文化の香りが感じられますね。




 公式サイトによると、人文科学・自然科学からデザイン・アートまで約3万冊の書籍を取りそろえるそう。また、他ではお目にかかれないような珍しい雑誌を90種類ほど展示し、新たな出会いを演出してくれるとのこと。気軽に立ち寄るだけでも感性を刺激してくれるのではないでしょうか。




 ただし気軽なのはここまで。実は「文喫」は入場料のある本屋なんです!入場料は1,500円也。高いと感じるかどうかは…あなた次第。劇場で映画を観たり、展覧会を訪れたりするのと同じくらい。文化に触れる=喫すると思えば、納得できる気もします。




 本気で良い本を探し出したい人に来てほしい、という「文喫」からのメッセージなのかもしれません。ちなみにコーヒーと煎茶はおかわり自由。落ち着いた空間でじっくり本と向き合えることでしょう。




 「文喫」をプロデュースするのは、YOUR BOOK STOREとスマイルズ。YOUR~は箱根本箱が記憶に新しい日本出版販売の若手社員のユニット。一方スマイルズは、Soup Stock TokyoやPASS THE BATONなど、新しい価値観を発信する事業を手がける企業。なにかおもしろいことをやってくれるに違いない、と思わせる組み合わせです。




 営業時間は、9:00~23:00まで。ABCのように早朝5:00までではありませんが、六本木の喧噪を避け、静かな時間を過ごせる「文喫」の存在は貴重なものになることでしょう。




 TSUTAYAによって、コーヒーを飲みながら本を選ぶというスタイルが定着しました。「文喫」はさらに一歩進んだ人と本の関係を提示していくことと思います。




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top