FC2ブログ
2019
01.21

コレド室町がパワーアップ さらなるライフスタイルを発信

Category: ニュース
 
 流通ニュース2018年10月15日の記事『三井不動産/日本橋「コレド室町テラス」2019年秋開業、テナント30店』にて、新たに誕生する新スポットが紹介されています。「日本橋再生計画」として再開発が相次ぐ日本橋エリア。そんな中登場する新たな「コレド」とは?



コレド室町がパワーアップ さらなるライフスタイルを発信 
(イメージ画像:フリー素材より)



 「COREDO室町テラス」が入居する建物の名称は「日本橋室町三井タワー」。5~25階の上層階はオフィス、3階にホール&カンファレンスフロアをはさみ、地下1階~地上2階は商業施設となります。地上階の野外広場には大屋根が設置されるので多少の雨ならしのげそう。都会のオアシス的な空間になることでしょう。




 なんといっても目玉は台湾発祥で日本初上陸の「誠品生活」。2階のワンフロアに進出します。「世界で最もクールな百貨店14」や「アジアで最も優れた書店」に選ばれるなど、話題の書店がついに日本にやってきます。代官山の蔦屋書店はこちらををモデルにしたとかしないとか。




 台湾、香港、中国などを中心に、書店だけでなくさまざまな文化事業を手がけているという「誠品生活」。日本1号店となる日本橋店でも、文具・雑貨、台湾ティーサロン、ガラス工房のワークショップスペースなど、物販と体験の両面から文化を発信していくとのことです。




 東京ミッドタウン日比谷の複合型店舗「ヒビヤセントラルマーケット」を手がけた有隣堂が「誠品生活」のライセンシーとなります。「ヒビヤセントラルマーケット」もアパレル、眼鏡に雑貨、居酒屋や理容店などさまざまなコンテンツを一同に集めた店舗づくりが特徴。相通じるコンセプトを感じてのことでしょう。




 コレド室町は、飲食店やショップ、エンタメなど、幅広いニーズに応えた店舗構成。それに加えてちょっとしたスパイス的な存在になるのが「誠品生活」を中心とした「コレド室町テラス」ではないでしょうか。行ってみると、なにかしらおもしろいもの・感性を刺激するものに出会えると思います。




 オフィス×商業施設という組み合わせがすっかり定着してきましたね。それに加えて、地域の特長を活かしながら、よりバージョンアップを図るといった視点がポイントとなっています。「コレド室町テラス」には、新しいもの好きな老若男女が押し寄せそうな予感です!




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top