FC2ブログ
2018
07.30

鎌倉に泊まる。という選択

Category: ニュース
 
 Jタウンネット2018年6月14日の記事『古都・鎌倉にはホテルが少ない! 法律の壁を「古民家リノベ民泊」で乗り越えた』にて、鎌倉に新しく誕生したホテルが紹介されています。江戸時代の古民家を再生させたという「鎌倉 古今」。このたび施行された民泊新法が深く関わっているとのことです。



鎌倉に泊まる。という選択 
(イメージ画像:フリー素材より)



 記事にもあるように、国内外の観光客に人気にもかかわらず、鎌倉には宿泊施設が少ないように思います。横浜や都内からもアクセスが良く、日帰りでの観光が可能なためなのでしょう。それに加えて1966年に制定された「古都保存法(古都における歴史的風土の保存に関する特別措置法)」が関係しているとか。宅地造成や改築・増築に届け出を必要とし、新しく宿泊施設を建設するにはハードルが高かったとのことです。




 「鎌倉 古今」は1855年に建てられた古民家をリノベーションした和モダンな風情のホテル。梁など残せる部分は残しつつ、快適な滞在ができるよう最新の設備も兼ね備えています。たとえばお風呂や寝具にもこだわりがあり、「古」を感じながら「今」のサービスを体験できます。




 企画した「くらつぐ」の代表によると、宿泊施設の少なさに加えて、古民家が取り壊されていることへの危機感があったとか。街の景観を守りながらホテル不足の解消も目指すという、鎌倉ならではの一石二鳥の解決方法ではないでしょうか。




 1泊朝食付プランで4万8000円、夕食付で6万円とちょっぴりお高め。それでも人気が出そうですね。鎌倉野菜や相模湾の海鮮を使った料理をいただけるレストランを併設。こちらも期待できますね。ただし民泊新法に則っているので、年間営業日数は年間180日限定です。お気をつけください!すでに予約受付が開始されており、グランドオープンは2019年1月とのことです。




 今後宿泊施設が増えれば、鎌倉をじっくり味わい尽くせるのでは?例えば、朝早くからのお寺めぐり。人ごみを避けてゆったり散策しながら贅沢な時間が過ごせることでしょう。また、鎌倉の夜も変わりそう。飲食店・土産物店が営業時間を延長するなど、経済活動が活発になるかもしれません。などと思いを馳せるニュースでした。




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top