FC2ブログ
2018
06.25

今年の夏は、日本海縦断の旅がおもしろくなる

Category: ニュース
 
 マイナビニュース2018年5月6日の記事「観光バスで日本海縦断! 新潟・敦賀・舞鶴・豊岡を繋ぐ新ルート--WILLER」にて、高速路線バス事業を手がけるWILLERによる「日本海縦断観光ルート・プロジェクト」の第1弾商品が紹介されています。レストラン、DELI、新潟ブランド、SAKEなど、興味深いキーワードが並びます。



今年の夏は、日本海縦断の旅がおもしろくなる 
(イメージ画像:フリー素材より)



 このプロジェクト、日本海側をフィーチャーしたところが何よりのポイントでしょう。北から新潟、富山、石川、福井、京都、兵庫の年間のべ旅行者数は、平成27年度で9,800万人となかなかの人気ぶり。ただ各地をつなぐ交通手段が少ないため、日本海縦断の旅が難しかったそう。おそらくゴールデンルートから目的地をめざして往復する、といった動線になっているのでしょう。




 そんな状況を打破すべくー昨年9月にプロジェクトが発足し、このたび発表されたプランはこちらの4つ。

・日本海レストランバス
・日本海縦断観光DELIライナー
・WILLERビークルで行く 新潟ブランドキャンプ
・日本海SAKE-1グランプリ@丹後くろまつ号




 どれも魅力的ですが、まずは新潟ブランドキャンプに注目。新潟が誇るアウトドアブランド・スノーピークやおせんべいの亀田製菓が参加するとのこと。酒蔵や農園で調達した食材を調理して、キャンプ場で味わうことができるんだそうです。地域の特産物と自然を同時に体験できるツアーとなっています。これはうまい組み合わせですね。調理では燕三条の刃物が使用できればさらに素敵ですね。




 そしてSAKE-1グランプリも気になるところ。WILLERが運営する観光列車に揺られながら、各地の地酒を車中で飲み比べ。米どころというと新潟を真っ先に思い浮かべますが、富山や福井など他の地域のお米も評価を上げてきています。米がうまければ日本酒も美味しいはず!と期待がふくらみます。こちらも単に飲んで食ってだけでなく、投票してナンバーワンを決めるという参加型なので楽しめることでしょう。




 日本海というと真っ先に頭に思い浮かぶのは海の幸。例えば、テニスの錦織選手のおかげで一躍有名になったノドグロ。関東ではあまり流通してない、というかあったとしても高級魚的な存在です。そこはやっぱり地のものは地元で味わうのがベストということでしょうか。その土地土地のおいしいものを食べるのは、充分旅の理由になります。




 ということで、それぞれに趣向が凝らされた「日本海縦断ルート」。古くは北前船で独自の商圏を築いて栄えたエリアということもあり、ゴールデンルートにはない新しい発見があるのではないでしょうか。




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top