FC2ブログ
2018
05.31

3分でデキる男になる!?

Category: ニュース
 
 ITmediaビジネスONLINE2018年4月11日の記事『なぜ駅ナカで鼻毛を抜こうと思ったのか 「3分 1000円」の世界』にて、大変ユニークかつニッチなサービスが紹介されています。タイトル通り、駅ナカで鼻毛脱毛をおこなう「ekibana(エキバナ)」。自分でも気づかないうちに、ちょろっと出てしまっていることがある鼻毛を3分でケアするサービスとは?



3分でデキる男になる!? 
(イメージ画像:フリー素材より)



 ある調査では、鼻毛が出ていると「仕事ができなさそう」「年収が低そう」など、さんざんな結果。マイナスのイメージがつきまといます。たしかに、身なりがきちんとしている人は仕事ができそうなイメージがあることは確か。でも、仕立てのよいスーツを着て靴や鞄など小物までキメていても、鼻毛が出ていたらすべて台無し(そんな人はなかなかいないかもしれませんが…)。とにかくたかが鼻毛、されど鼻毛です。




 気になる脱毛方法は、ワックスで一気に抜くというもの。1本抜くだけでも痛くて涙が出るのに…とビビるあなた。プロの技で素早く抜くと、ダメージは最小限なのだそうです。テーブルクロス引きの要領だとか。施術前には鼻の穴の状態をチェックし、傷やかさぶた、乾燥度合いを確認。鼻の穴をのぞかれるという羞恥心はこの際捨てましょう。自分でティッシュを使って鼻水などを取り除き、いざ脱毛へ。




 社長の渡辺優弥氏が「ekibana」を立ち上げたきっかけは…全身脱毛のライセンス取得したものの、サロン料金の高さではお客様が通えないと感じていました。そこで靴磨きのビジネスモデルを参考に、駅ナカ、駅近くへの出店に思い至ったそうです。ビジネスマンが予約なしで、ふらっと立ち寄ってささっと処理できるロケーション。3分1000円という早さと安さも利用しやすい設定です。




 「ekibana」の店舗は、市ヶ谷と馬喰横山で交互に営業するというもの。月イチの利用が目安ということもあり、鼻毛が伸びるタイミングを考慮しているそうです。確かにずっと同じ場所で営業するよりも、多くの目に触れて新規顧客獲得のチャンスも増えることでしょう。(※その後、改札外ですが新宿三丁目店も加わり、3店舗でローテーションしているようです)




 数年前に駅ナカにヘアカット専門のQBハウスが進出したときは、「駅で散髪する人なんかいるのか?」といった見方もありましたが、今では定着しました。サービスの種類は異なりますが、靴修理のミスターミニットも駅に出店し、ニーズをくみ取っています。




 忙しいビジネスマンたちを支える、駅ナカのちょっと気の利いた身だしなみ系サービスとして誕生した「ekibana」。通りかかった方はぜひトライしてみてはいかがでしょうか!




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top