FC2ブログ
2018
05.24

1粒から楽しむ、100通りの梅体験

Category: ニュース
 
 T-SITE Lifestyle2018年3月29日の記事『梅体験専門店「蝶矢」京都に4月1日オープン。梅酒・梅シロップを100通りから自分好みに』にて、チョーヤ梅酒株式会社による新業態店舗が紹介されています。日本で梅酒メーカーといえば、のチョーヤが提案する「梅体験」。その新鮮な響きに期待と戸惑いを感じながら、概要をチェックしていきましょう。



1粒から楽しむ、100通りの梅体験 
(イメージ画像:フリー素材より)



 どのように梅を体験するのか?その答えは「蝶矢梅キット」。体にやさしく、厳選された素材を組み合わせて、店内でお好みの梅シロップや梅酒が作れるキットです。




 1杯分のS、3杯分のM、6杯分のLの3タイプの専用ボトルに梅5種、お砂糖5種、お酒4種から選んだ素材を投入。組み合わせは100通りにもなるとか。レシピはシンプルですが、これぞ他では味わえない自分好みの「梅体験」。合わせ方がよくわからなくても大丈夫。梅コンシェルジュがアドバイスしてくれます。ちなみにお砂糖をこんぺい糖にすると、非常にフォトジェニックです!




 「梅体験」は要予約ですが、もっと気軽に飲みたい方には梅シロップのテイクアウトはいかがでしょう。お湯やソーダだけでなく、紅茶や緑茶割りがホットとアイスで楽しめます。これからの季節、フローズン完熟南高梅が気になるところ。京都の暑い夏も梅パワーで乗り切れるのではないでしょうか。




 昔なら、梅干しや梅酒は自家製で作っていた家庭も多かったでしょう。しかし材料を揃えたり、メンテナンスが必要だったり、ハードルが高いイメージも。自分で作るのは面倒だけど、体に良いものを摂りたいというわがままな現代人の志向にマッチしているのかもしれません。




 京都市内にオープンした店舗は、外観も店内も洗練された和を感じる佇まい。ディスプレイや包装のデザインも美しく、国内外の観光客が注目するスポットになりそう。本来の社名だった「蝶矢」の名を冠したこの店舗。原点に立ち返りながらも、現代的なスタイルで梅を提供していきたいというチョーヤの意気込みが表れているのではないでしょうか。




追記:
この記事の作成時点では、体験は梅シロップのみで、アルコールの取り扱いは一時ストップしているようです。




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top