FC2ブログ
2018
04.30

住み心地はいかに?3Dプリンターで作る家

Category: ニュース
 
 GIZMODO2018年3月14日の記事「3Dプリンターで作る、24時間で建つお家。お値段100万円ほど、コストもセンスも良さげ」にて、3Dプリンターの可能性もついにここまで来たか、というようなプロジェクトが紹介されています。アメリカ・テキサス州オースティンにて毎年開催されている世界最大のマルチメディアの祭典・サウスバイサウスウエスト(SXSW)にて、3Dプリンター製のモデルハウスが展示されました。



住み心地はいかに?3Dプリンターで作る家 
(イメージ画像:フリー素材より)



 画像を見る限りでは、ちょっとコンパクトでおしゃれなお宅といった印象。まさか3Dプリンターで作られているとは、言われてみないとわからないレベルです。それ以上にコストと工期が衝撃的。タイトルにもあるように、1万ドル(約106万円)で、12時間から24時間で完成するというコンパクトさです。広さは60平方メートルほどで、リビングと寝室、バスルームつき。さらにポーチも備えています。




 世界では、安定的な住居を持てない人が10億人以上もいるのだそうです。そういった人たちの問題を解決するべく、NPO団体New StoryとICONというベンチャー企業が作り出したこの家。世界中どこででも手に入りやすいモルタルを使用しているのがポイントだとか。動画ではモルタルがうにゅーっと絞り出される様子が見られます。




 3Dプリンターというと、手に取れるようなプロダクトを手軽に生成するというイメージでしたが、いつの間にか家を建てられるほどのものへと発展していたんですね。調べてみると、昨年世界初の建設用3Dプリンターを開発した別の企業が、すでにモスクワに家を建てていました。こちらはどうやらコンクリート製のようです。




 今回のプロジェクトは、より現実的な路線といえそう。来年にはエルサルバドルに家を100軒建てるという目標を掲げています。ぜひ実現させて、世界のさまざまな地域の住宅事情改善に役立ててほしいですね。




 と思いつつも「狭いところって落ち着くわ~」という感覚を持っている日本人としては、ちょっと気になるお家ではありませんか?持ち家志向のない単身者などには、充分アリなのでは?はたまた自宅とは別の、たとえば趣味に没頭するためのセカンドハウスなどなど。意外と需要があるのではないでしょうか。




 とは言いながらもまずは、困っている人たちを救うのが先決。テクノロジーでイノベーションや進化することも重要ですが、現在起こっている問題をテクノロジーを使って解決することも同じくらい大切なこと。今後に期待したいプロジェクトです。




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top