FC2ブログ
2018
04.02

野菜を食べましょう リンガーハットの新提案

Category: ニュース
 
 ITmediaビジネスONLINE2018年2月19日の記事『「ちゃんぽん愛」が強い社員ではできなかったリンガーハットの新ブランド』にて、長崎ちゃんぽんとはまったく異なるメニューで勝負する新業態店が紹介されています。地方の名物料理の一つだった長崎ちゃんぽんを全国区にまで押し上げたリンガーハット。次なる一手は?



野菜を食べましょう リンガーハットの新提案 
(イメージ画像:フリー素材より)



「EVERY BOWL(エブリボウル)」と名づけられた店舗では、彩りや組み合わせを考えながらカスタマイズできるメニューがいただけるとのこと。麺、ソース、季節野菜のデリを自分で選び、ワンプレートならぬワンボウルに盛り付けるというスタイルです。野菜価格の高騰が続いていますが、その時々で仕入れやレシピを工夫し、常に野菜豊富なメニューが提供されるとのことです。




 麺にもこだわりが。五穀やグルテンフリーなど、炭水化物摂取の罪悪感が少なめなものを用意しています。ソースは6種類で和洋中エスニック風を網羅。野菜を中心としたデリは料理法や味付けもさまざまな8種類。オーガニックサラダをONして一丁上がりです。どんな組み合わせにしてもヘルシーかつカラフルで、インスタ映えする仕上がりになりそうですね!




 「EVERY BOWL」の企画・運営に携わったのは、ほとんど外部の人材とのこと。社員だけではちゃんぽんへの愛が大きすぎて、大胆な発想ができなかったかもしれません。第三者の視点によって、これまで対応しきれなかった女性層にアピールできるブランドを誕生させました。




 ちゃんぽんとはターゲットが異なっており、共存も可能ではないでしょうか。その証拠に1号店はロードサイドでもフードコートでもなく、ちょっと高級ななイメージのある広尾。2020年までに20店舗を展開予定としており、今後の展開が期待されます。




 リンガーハットとしては長崎ちゃんぽんととんかつ事業は好調のようですが、あらゆる外食産業や小売業に共通する、店舗数の飽和という問題。売上を維持・拡大するため海外進出や1店舗あたりの売上を伸ばすなど、各企業が活路を見いだそうとしている状況。「EVERY BOWL」は、ちゃんぽんの客単価・700円よりも2倍近く高い1,300円を見込んでいるそうです。




 「長崎ちゃんぽん」はチェーン店として、全国どこでも変わらぬおいしさを提供しています。一方「EVERY BOWL」では、「今だけ、ここだけ、あなただけ」がコンセプト。確かに組み合わせは無限大とも言えます。新しい顧客層の獲得への一歩となるでしょうか。




 「EVERY BOWL」もそそられますが、最後に1つ言いたいことがあります。長崎ちゃんぽんも、野菜がたっぷりでやさしい味で結構いい線いってると思います!




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top