FC2ブログ
2018
03.26

ガソリンも充電も ガソリンスタンドで満タンに

Category: ニュース
 
 共同通信2018年2月20日の記事「給油所でEV充電可能に」にて、経済産業省による規制見直しの方針が紹介されています。ガソリンスタンド(給油所)で電気自動車(EV)の充電ができるようにするのと同時に、コンビニや飲食店の併設も可能とし、経営の多角化と改善を目指します。現行の規制では、消防法によりガソリンスタンドの敷地内では給油と関連業務しか行えないのだそうです。この状況を打破するべく、有識者検討会にて規制緩和について議論されるとのことです。



ガソリンも充電も ガソリンスタンドで満タンに 
(イメージ画像:フリー素材より)



 ピーク時の1994年には、全国で6万カ所あったガソリンスタンド。現在ではほぼ半数になっているとか。人口減少に加えて、若い世代ではシェアリングやモノを所有しない発想が広がりつつあり、車を所持する割合も減っていることも原因でしょう。メーカーはハイブリッド車や電機自動車の開発・普及を進めていますが、未だ過渡期といったところ。最近では自動運転技術に力を入れている印象もありますが…。




 ガソリンスタンドの減少は、過疎地で特に顕著になっています。山林地帯や高齢化が進む過疎地こそ、車=ガソリンが必要なはず。「買い物難民」という言葉が生まれるほど、店舗や交通手段が縮小・統合されているこのご時世です。




 併設が検討されるコンビニでも、たとえばその地方ならではの品ぞろえや、あるいは地域住民の憩いの場となるような施設づくりなど、ひと工夫ほしいところです。ガソリン業界のテコ入れとともに地域の問題解決の糸口となれれば、一石二鳥ではないでしょうか。有識者のみなさんにはそのあたりも合わせて考えていただきたいですね。




 電気自動車には、充電ステーションの確保が必要不可欠な問題。いくら優れた製品を開発したとしても、充電する場所が生活圏になければ使う人はいません。ガソリンスタンドで充電もOKとなれば充電切れの心配も軽減され、本格的な普及に一歩前進するのではないでしょうか。




 ただ充電設備を追加するとなると、ある程度の敷地面積や設備投資が必要。小規模なガソリンスタンドにとっては負担が大きいかもしれません。やはり国が本腰を入れて取り組むべき課題ではないでしょうか。5月をめどに方向性が示されるとのことですので、その行方を見守りましょう。




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top