FC2ブログ
2018
02.05

沖縄に新たな水族館が誕生 by DMM.com

Category: ニュース
 
 cnet Japan2017年12月12日の記事「DMM、沖縄に水族館を建設-最新映像技術を駆使、2020年上半期に開業予定」にて、幅広いサービスを展開しているDMM.comによる水族館の開業が紹介されています。動画配信、電子書籍、オンラインゲーム、英会話など、WEBを介してさまざまなデジタルコンテンツを提供しているDMM。新たな一手は、なんと水族館でした。




沖縄に新たな水族館が誕生 by DMM.com 
(イメージ画像:フリー素材より)



 沖縄県豊見城市の「美らSUNビーチ」隣りで開発中のショッピングセンター内に開業するとのこと。名称はまだ(仮)ですが、「DMMかりゆし水族館」となる予定です。沖縄で水族館といえば「美ら海水族館」。定番の観光スポットとなっています。その牙城に切り込んでいくDMMにとって、断然有利なのはアクセスの良さ。「美ら海」は那覇空港から車で2時間の距離ですが、「かりゆし」は専用シャトルバスで30分、車なら20分という近さ。




 ショッピングセンターのかなりのスペースを占めるようですし(8066平方メートル)、そのテーマは「“世界初”最新映像技術を駆使した新しいエンタテイメント水族館」と、意欲的なもの。水族館といえば、水中をたゆたう生き物たちを眺めて癒される…といったイメージがありますが、「かりゆし」はより積極的にエンタメ要素が盛り込まれるようです。




 沖縄ならではの豊かな自然や生き物と最新の映像技術、つまりリアルとバーチャルの融合に加え、多彩な空間演出にインタラクティブな体験など、テーマパーク的な空間になるとのこと。「美ら海」とは異なる独自性を打ち出しつつ、DMMならではの技術を取り入れた展示が期待できますね。




 ところで、ここ数年人気の「アートアクアリウム」をご存知ですか?和をモチーフとした水槽などに金魚を泳がせ、LEDやプロジェクションマッピングできらびやかな演出を施した水中造形アート。東京で始まり、徐々に全国でも開催されている人気のイベントです。




 「かりゆし」は「アートアクアリウム」をスケールアップしたものになるのでは?と予想しているのですが、いかがでしょうか。いずれにせよ、非日常な世界に浸れる空間になることでしょう。その空間を一歩出れば、ショッピングセンターで物欲も満たせるということで、一石二鳥な新スポットの誕生です!




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top