FC2ブログ
2018
01.25

新宿で一番くつろげる場所を TSUTAYAの新提案

Category: ニュース
 
 Fashionsnap.com2017年12月6日の記事「24時間営業・フリーWi-Fi完備、TSUTAYAが新宿に"本"のあるくつろぎ空間&ワーキングスペースをオープン」にて、TSUTAYAの新業態店舗が紹介されています。その名も「ツタヤ ブック アパートメント」。CD・DVDレンタル店舗の整理を進めているTSUTAYAが提案する、新たなくつろぎ空間とは?



新宿で一番くつろげる場所を TSUTAYAの新提案 
(イメージ画像:フリー素材より)



 黄色と青を封印し、木をふんだんに取り入れた店内。落ち着いた雰囲気を醸し出しています。新宿には「くつろげるスペースやリラックスできる場所がない」といった不満に応えるべく、ブックアパートメントをオープンさせたとのことです。




 ビルの4~6階の3フロアのうち、4階のワンフロアがコワーキングスペース。くつろげるだけでなく、仕事モードにも対応しています。最初に別途100円の支払いが必要ですが、1時間500円でプリンタやiMac・iPadが使用できます。移動中に急ぎの対応が必要な場合や、あるいは気分を変えたいときなどに利用するのもいいかもしれませんね。クラウドファンディングから生まれた製品も展示されているそうなので、体験してみては?




 5、6階が共有スペース。靴は脱いで入ります。緑あふれる空間もあり、ここでは寝っ転がって相当リラックスしてしまいそう。ロッカーやシャワールーム完備、さらには6階が女子専用フロアとなっており、女子会ができる畳エリアもあるとか。もちろん個室も準備されています。




 本、24時間営業、シャワールーム完備、さらには6時間パック・12時間パックの料金も設定されており、マンガ喫茶の進化バージョンのような気がしないでもないですが、さにあらず。同じビルには、ブックアパートメントがセレクトした書籍売場や日本酒とのコラボレーションバー、スターバックスも入居しており、ちょっと知的でゆったりとした時間をすごせることでしょう。




 新宿といえばかつては眠らない街、今では観光客であふれかえる街のイメージがあり、遊ぶぞ!買い物するぞ!といったテンションの高い人が集う街です。そんな街のオアシス的存在になっていくのではないでしょうか。
他の街でも展開が期待されます。




 リラックスするためのさまざまな仕掛けが用意されていますが、主役はあくまでも店内中に配置された"本"。一番の目的は、本との新しい出会いの場を提供し、新しい購入スタイルを提案するとのことです。ちなみにこちらで本を購入すると、Tポイントは2倍となります!




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top