FC2ブログ
2017
11.20

創業90年 成城石井の新しい試み

Category: ニュース
 
 日経トレンディネット2017年10月2日の記事「スーパーとレストランが融合 成城石井新業態の中身 イートインと何が違うのか」にて、成城石井のグローサラント型店舗がレポートされています。「成城石井 トリエ京王調布店」と併設された「SEIJO ISHII STYLE DELI&CAFE」。商品の目利きと品ぞろえに定評のある成城石井が仕掛ける新しいサービスとは?




創業90年 成城石井の新しい試み 
(イメージ画像:フリー素材より)



 「グローサラント」とは、グロサリー(食料品店)とレストランを合わせた造語。レストランで提供するような食事が店舗内で気軽に味わえる形態です。イートインとの違いは、ほぼ100%成城石井から仕入れた食材を使用するという「食材の共通化」。メリットは価格とスピード感です。スーパーマーケットというチェーン網を活かして食材を調達。ルートとボリュームを確保することで、リーズナブルなお値段とスピーディな対応を実現可能にしています。




 メニューは「ハンバーガー」「ステーキ」「パスタ」「ピザ」がメイン。それぞれ3~4種類を用意しており、特に研究を重ねて開発した黒毛和牛のハンバーガーは、グルメバーガーにも負けないクオリティだとか。食べてみて気に入った料理は、食材を買って自宅で再現できます!でも自分で作れるかしら?と思ったあなた。シェフのレシピカードがあるので心配ご無用です。




 食事のお供のアルコールは、樽ごと輸入しているというワインがグラス300円でいただけます。ちょい飲みにぴったりですね。このお値段ならついつい飲みすぎてしまいそうですが…。また、店内の厨房で作るスイーツ類も本格的。記事にあるジェラート以外にもトリエ京王調布店限定のものも。人気のプレミアムチーズケーキは1日3回焼き上げるそう。ぜひ焼きたてをゲットしたいところですね。




 成城石井はあくまでもスーパーマーケットとして、グローサラントは成城石井の未来を先取りしていく店舗として位置づけ、それぞれ別物と考えているとのこと。今後は日本のスーパーでもグローサラントが定着していくことを見据え、多店舗展開を計画しているとのことです。




 近年、コンビニやスーパーのイートインスペースが増えています。買ってすぐに食べたい、時間がなく手早く済ませたい、家庭でのゴミを減らしたいなど、理由はさまざま。そんな中、イートインとは一線を画した「SEIJO ISHII STYLE DELI&CAFE」。ちょっぴりぜいたくな、外食と中食の間のグローサラントの今後に期待しましょう。




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top