FC2ブログ
2017
10.30

目指せ 東東京(ひがしとうきょう)のランドマーク 上野フロンティアタワー

Category: ニュース
 
 日本経済新聞2017年9月14日の記事「上野にパルコ進出 Jフロント、松坂屋上野店南館を複合ビルに」にて、上野に開業する複合ビルが紹介されています。さくらパンダ、お中元やお歳暮などの「ギフト解体セール」、中高年に寄り添った品揃え…などが特徴の松坂屋上野店。その隣りの南館に、このエリアにはなかった要素が盛りだくさんの「上野フロンティアタワー」が11月オープンします。



目指せ 東東京(ひがしとうきょう)のランドマーク 上野フロンティアタワー 
(イメージ画像:フリー素材より)



 1階から6階が子会社のパルコ、7階から10階がTOHOシネマズ、12階から22階はオフィスが入居する「上野フロンティアタワー」。前回の記事でも紹介したように、J・フロントリテイリングは百貨店という形にはこだわらない方針を打ち出しており、こちらも賃料収入で確実に収益をあげていく商業施設とオフィスの複合施設となります。




 パルコと百貨店を本格的に組み合わせるのは初の試み。お互いを補完し合うユニーク組み合わせだと思います。パルコのターゲット層は30~50代。本館よりは若いけれども、ちょっと大人な雰囲気。“ともだちを誘いたくなるちょっとおしゃれな大人のたまり場”をコンセプトに「パルコヤ(PARCO_YA)」という新しい屋号を打ち出します。68テナントのうち、52テナントが上野御徒町エリア初出店とのことです。上野のみならず、東東京(ひがしとうきょう)のランドマークを目指します。




 また、大規模なオフィスエリアを備えていることも注目です。すでに満室となっており、さっそく新しいニーズを掘り起こしました。好立地でありながらオフィスのイメージがなかった上野エリアですが、今後は新しい人の流れが生まれることでしょう。否が応でも期待が高まります。




 パンダ誕生でますます盛り上がる動物園。美術館・博物館が充実している公園エリア。買い物やジャンクフードが楽しめるアメ横界隈。老舗や日本ならではの文化を感じるスポットなど、上野には魅力的なエリアがたくさんあります。外国人観光客もずいぶん増えました。




 そんな街・上野に新風を巻き起こすであろう「上野フロンティアタワー」。「シタマチ.フロント」を掲げ、周辺地域の魅力アップに貢献していくことでしょう。ちなみに、つい上野と言ってしまいがちですが、「シタマチ.フロント」は上野御徒町エリアを活性化するプロジェクトということを心に留めておいてください!




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top