FC2ブログ
2017
10.16

「観る」から「遊ぶ」へ 吉祥寺バウスシアター跡地

Category: ニュース
 
 Jタウンネット2017年8月30日の記事『「吉祥寺バウスシアター」閉館から3年 まもなく跡地は「ラウンドワン」に』にて、バウスシアター跡地の現在の様子がレポートされています。7月には「吉祥寺スクエア」として生まれ変わることが発表されていたこの場所。地上3階、地下3階の6フロアにボーリング場、カラオケ、ダーツ、ビリヤード、卓球、アミューズメントなどの遊戯設備を展開する「ラウンドワン 吉祥寺店」が登場します。




「観る」から「遊ぶ」へ 吉祥寺バウスシアター跡地 
(イメージ画像:フリー素材より)



 バウスシアターといえば、大作からアート系など幅広いジャンルの映画上映、ライブや寄席などが開催されていて、まさにカルチャーの発信地でした。爆音映画祭もバウスシアターのイベントがはじまりだったそう。ユニークな存在だっただけに、全国展開のラウンドワンになるのは賛否両論がありました。確かに、より吉祥寺らしい施設が望まれていたのでしょうが…。長年育まれたカルチャーの土壌は、そう簡単にはなくならないと思います。




 ちなみに、バウスシアターの意思を受け継いだミニシアターが誕生するという話があるのですが、なかなか実現に至っていません。クラウドファンディングで資金は集まっているようですが、工事が遅れに遅れているとのことです。本当に良い映画を上映する劇場になるよう、気長に待ちましょう。




 とはいえ、やはり「住みたい街NO.1」のイメージが強い吉祥寺。昨年2位にダウンした際には、ニュースになったほど。ちなみに今年は1位に返り咲いています。さすがの安定感です。




 大型商業施設に各種チェーン店。はたまた商店街や味のある横丁に井の頭公園まで。さまざまな要素がコンパクトにまとまっている吉祥寺。おしゃれっぽさと昔ながらの人情がほどよくミックスされているのも、魅力的なところでしょう。新宿にも渋谷にも電車1本で行けるというアクセスの良さも◎。ただし住んでみると、すべて吉祥寺で事足りてしまうので、あまり遠出をしなくなるようですが。




 そんな吉祥寺・サンロード商店街に進出するラウンドワン。東京では街中の店舗は意外と少ないので、買い物などで訪れた人々を取り込むことができれば、盛り上がるのではないでしょうか。近隣の施設との相乗効果で、さらにエリアが活性化されることでしょう。




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top