FC2ブログ
2017
09.25

もっと身近に、イケア

Category: ニュース

 流通ニュース2017年8月24日の記事「イケア/小型店の出店を検討、2020年に国内14店体制を目指す」にて、イケア・ジャパンの事業戦略説明会の概要が紹介されています。2020年に日本国内で14店まで増やし、売上高を2倍にする計画とのこと。800アイテム以上の値下げや、オンラインストアの強化も同時に発表したイケアの今後の展開はいかに?




もっと身近に、イケア 
(イメージ画像:フリー素材より)



 今年10月にオープンする愛知県長久手市の新店舗で9店目となるイケア。その後広島、前橋、北海道、関東、関西での開業を予定しており、14店舗に。消費者のニーズを意識し、駅から近い店舗も検討しているそう。郊外の大型店ではなく新しいフォーマット=小型店での展開も視野に入れているとのことです。「IKEA Touchpoint 熊本」のような形態か、あるいはもっとシンプルに雑貨中心の品揃えとなるのでしょうか?




 IKEA Touchpointとは、店内の商品に加えてカタログやサイトで見つけた商品をオーダーし、数日後に取りに行くというスタイルの店舗。日本では熊本のみで営業…と思いきや、世界的に見てもこの業態は熊本にしかないんだそうです(2015年のオープン時)! 熊本地震の影響で一時営業を中止していましたが、その後リニューアルして再開しています。




IKEAといえば、

・ショールーム形式で、部屋ごとのコーディネイトを提案
・ショールームで見せた商品を展示・陳列
・あらゆる場所に散りばめられてる小物雑貨
・倉庫スペースから商品を自分でピックアップ
・スウェーデン風メニューのフードコート

というように広大なスペースを活かし、客が回遊しながら買い物をするというレイアウトが特徴です。




 今回初めて「IKEA Touchpoint」の存在を知りましたが、2年ほど前から実験的な店舗の準備を始めていたんですね。ブランドとしてはすでに浸透していると思われるので、サテライト的な小型店「IKEA Touchpoint」でもイケアの世界観を演出できるのではないでしょうか。




 小型店と聞いて思い起こすのは、ライバルのニトリや無印良品。いずれも大量の店舗を運営していますが、大型店と小型店をうまく使い分けています。特に最近のニトリは、郊外の大型店と都心の小型店の棲み分けが顕著になっています。無印は路面店・駅ビルやモール内店舗・駅ナカなど、よりフレキシブルなイメージ。業績が好調なライバルたちの戦略が参考になるのではないでしょうか。




 今年4月に本格的にスタートしたオンラインストアにも期待がかかるところ。「マルチチャンネル・リテーラー(=多様な流通チャンネルを持つ事業)」へ拡大していくという方針を打ち出しているイケア。真のマルチチャンネルとなるのは、これからのようです!


 
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top