FC2ブログ
2017
08.28

ついにスタート 全国空き家バンク検索サイト

Category: ニュース

 日本経済新聞2017年7月19日の記事「全国の空き家を簡単検索 不動産サイトが自治体と連携」にて、新しく始まる空き家検索サービスが紹介されています。2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて大規模事業の建築ラッシュとともに、浮き彫りになってきた空き家問題。その問題解決の糸口となるでしょうか?



ついにスタート 全国空き家バンク検索サイト 
(イメージ画像:フリー素材より)




 こちらのサービス(「LIFULL HOME'S空き家バンク」という名称になる予定)自治体ごとに管理されている空き家バンクの情報を一元化し、全国の情報を検索できるものとなるようです。不動産情報サイト「ライフルホームズ」を運営するLIFULLと、一般社団法人「全国空き家バンク推進機構」が連携し、9月のスタートを目指します。この機構は国土交通省のモデル事業の一つで、6月に発足したばかり。国と民間お互いのノウハウを駆使し、問題解決に取り組んでいただきたいところです。




 それにしても全国の情報をまとめて検索できるサイトが、ようやく立ち上がったという印象です。地方創生や遊休地の有効活用などいろいろと活性化が必要な中、各地域の方たちがそれぞれに動き出している状況だと感じます。「とにかく今すぐどうにかしないと!」という危機感が、行動につながっているのでしょう。各地の点の動きを線や面にするために情報を共有し、需要と供給をより多くつなげていくことに期待します。




 これまでも空き家情報は公開されていましたが、各自治体で形式がバラバラで使いづらかったそう。サイトオープン後は、統一されたフォーマットで表示されます。顧客がサイトで情報を収集し、比較・検討。直接各自治体に問い合わせて話を進めるとのことです。仲介料は発生せず完全無料のサービスとなります。




 総務省が公表した平成25年住宅・土地統計調査によると…日本の空き家戸数は820万戸、空き家率は13.5%で、過去最悪を記録。このペースでいくと、2033年には30%に上るとの予測もあります。人口が減少して高齢化も進み、空き家も増えるとなると街に活気がなくなってしまいます。これからの街づくりを根本から考え直さなければならない時期に来ているのかもしれません。2020年以降のビジョンも見すえていかなければ、と改めて感じるニュースです。


 
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top