FC2ブログ
2017
07.18

日本人はパンが好き。しかもおいしいパンが

Category: ニュース
 
 Fashionsnap.com news2017年6月1日の記事「プレミアム食パンなど約70種 ベイクルーズ初のオリジナルブーランジェリーが渋谷に」にて、アパレルメーカー・ベイクルーズによるフードの新規事業が紹介されています。パリ発の「ゴントラン シェリエ(GONTRAN CHERRIER)」からの切り替えとなるオリジナルブランド「ブール アンジュ(BOUL'ANGE)」。世界中から厳選した小麦粉を使用するなど、こだわりの品ぞろえを提供します。



日本人はパンが好き。しかもおいしいパンが 
(イメージ画像:フリー素材より)



 特別に開発したトースト専用と生食専用の食パン・パンドミーが話題を呼びそうです。数量限定なのもさることながら、それぞれ1斤900円と1,200円という食パンとは思えない価格設定も含めてですが。実際に食した方によると…

・トースト専用山型食パン「パン ド ミ "ブール"(Pain de mie "Boul")」
気泡が入ったふんわりとした感触。トーストすると小麦の香りと甘みが際立つのだとか。外はサクッと中はふわっと。

・生食専用角食パン「パン ド ミ "アンジュ"(Pain de mie "Ange")」
小麦粉を長時間熟成させ甘みをアップさせた生地に、生クリームをプラス。きめ細やかでしっとりもちもちな食感。




 最初に聞いた時には「高すぎる。買わない。」と思いましたが、だんだんと興味がわいてきました。ものすごくおいしそうです。とにもかくにもプレミアム。一度は食べてみる価値があるのではないでしょうか。




 他にもクロワッサンやタルティーヌ(スライスしたパンにいろいろな具材をのせた、フランス式のオープンサンドイッチ)、フルーツを使った甘い系のパンやロールケーキ、焼き菓子などなどよりどりみどり。見た目にも美しいそのメニューは約70種類と、迷ってしまいそうです!




 ベイクルーズはアパレルのブランドを数多く展開していますが、フード系もかなり手がけています。衣食ともに、それぞれの店舗数は絞っているところがポイント。どこにでもあるのではなく「あそこに行かないと買えない、食べられない」という消費者の気持ちをくすぐる戦略といえるでしょう。




 1つのブランドを多店舗展開する方が、オペレーションなどの効率は良いかもしれません。あえてそうせず、多ブランドできめ細かくニーズに応えるベイクルーズ式。移ろいやすい消費者のマインドに素早く対応していこうという企業としての姿勢の表れなのでしょう。




 さて「ブール アンジュ」の食パンは少々値が張りますが、1日の始まりをおいしいパンで至福のひとときを、ということでいかがでしょうか!




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top