FC2ブログ
2017
07.10

象のマークはどうなるのか? ドムドムバーガー事業会社変更へ

Category: ニュース
 
 流通ニュース2017年5月19日の記事「ドムドムバーガー/ホテル、不動産事業のレンブラントHDに事業を譲渡」によると、ある年代以上の方には非常に懐かしいドムドムバーガーが、事業譲渡により心機一転生まれ変わるとのことです。日本で最初にハンバーガーチェーンを始めたドムドムバーガー(マクドナルドよりも早かったんです!)の、今後の展開はいかに?




象のマークはどうなるのか? ドムドムバーガー事業会社変更へ 
(イメージ画像:フリー素材より)



 ダイエーが国内でのハンバーガー事業として立ち上げたドムドムバーガー。ダイエー店舗内を中心に出店数を進め、最盛期には400店近くまで増やしていたそう。しかしその後、ライバルの台頭やスーパー本体の経営不振などが重なり、現在では55店舗にまで減少していました。




 そこに救いの手をさしのべたのはレンブラントホールディングス。ホテルやゴルフ場、不動産事業を経営している企業です。レンブラントHDと新生銀行が共同出資し、(株)ドムドムフードサービスを設立。これまで運営してきた(株)オレンジフードコートから7月に事業を受け継ぐとのことです。




 ただしすべての店舗ではなく、ドムドムバーガーやクレープのディッパーダンなどの28店舗とのこと。また、フランンチャイザーの地位、システムデータ、商標権などを譲り受け、ブランドの魅力アップを目指します。




 レンブラントは再生事業も積極的に行っていくようなので、ドムドムも再び元気を取り戻してほしいですね!新規出店の計画もあるようですよ。閉店が進んでいたため一部の根強いファンからは不安の声もありましたが、ブランドは継続されるそうなので、ひと安心といったところでしょうか。




 ここ数年は、高級路線やボリューミーなバーガーが話題になることが多いハンバーガー業界。いわゆるグルメバーガーの流れになっています。海外からの進出するブランドも増え、それに刺激されてか日本からもこだわりのバーガーが登場している状態です。




 それでも日本人のDNAにはドムドムが刷り込まれているのです…きっと。母親の買い物にお供し、ドムドムでハンバーガーデビューをしたという方、結構いらっしゃるのではないでしょうか?




 フォークとナイフで食べる、気取ったハンバーガーじゃないんだ!庶民的な雰囲気で気軽に食べられるハンバーガーが好きなんだ!と思っている方も、結構いらっしゃるのではないでしょうか?




 大人になって選択肢が増え、しょっちゅうドムることはなくなっても、なぜか気になる存在。新しい親会社となりまだまだ元気で営業を続けていてほしいと願わずにはいられないニュースでした。




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top