FC2ブログ
2017
05.22

めちゃめちゃうみゃー世界の山ちゃん、また一歩前進

Category: ニュース
 
 香港経済新聞2017年3月24日の記事『香港に「世界の山ちゃん」2号店 銅鑼湾の登龍街に』によると、手羽先で有名な世界の山ちゃんが香港で新店舗をオープンさせるとのことです。2014年の1号店に続き、香港では2店目。場所は日本料理店が集まるエリア・銅鑼湾(トンローワン)です。タイと台湾にもすでに2店舗を営業中の山ちゃんがその名の通り、着実に世界へ進出しています。



めちゃめちゃうみゃー世界の山ちゃん、また一歩前進 
(イメージ画像:フリー素材より)



 手羽先やみそカツなど甘辛い味付けが特徴の「名古屋めし」は、日本人から見てもちょっとユニークな存在。その代表格となった「世界の山ちゃん」の幻の手羽先やみそ串カツなど、日本と同じ料理が食べられます。他には味噌煮込みうどんやひつまぶし、あんかけスパなど名古屋ならではのメニューに加え、香港店独自のメニューを提供するとのことです。




 食文化が発達している香港で2店目を出店するということは、名古屋の味が受け入れられているのでしょう。かといってハイペースで大量出店していく方針ではなさそう。香港では2店舗を大事に育てるべく「味に磨きをかけていきたい」と、謙虚な姿勢で挑みます。今後はマレーシアを皮切りに、東南アジアへの展開を視野に入れているとのこと。イスラム教の方たちもOKな鶏肉がメイン食材ですので、受け入れられることでしょう。




 「和食」がユネスコの無形文化遺産に登録され3年余り。お墨付きを得たことで文化としての「和食」を守り、継承していく意識が生まれました。ほぼ時を同じくして、日本を訪れた外国人旅行客の関心がスシ・天ぷらだけでなく、ラーメンやカレー、居酒屋メニューなど広い意味での日本の食文化へと広がってきました。さまざまなものを貪欲に取り入れ、工夫し、新しいものを産み出してきた日本の文化。その特徴が「食」にもよく表れています。




 例えば中華料理は四川風や広東風、イタリアンはミラノ風・ナポリ風などなど、地方によって特色豊かです。これからは日本の○○地方や○○県の名物として、その地域の魅力をアピールしていくことが増えてくるかもしれませんね。そうなれば、「この料理を現地で食べてみたい!」という旅の目的になる可能性もあるのではないでしょうか。




 山ちゃんも名古屋めしの代表として、外国の方々をヤミツキにしてほしいと期待しています!




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top