FC2ブログ
2017
05.01

クラフトビールのテーマパークが日本初上陸

Category: ニュース

 流通ニュース2017年2月22日の記事「中部国際空港/夏にクラフトビール醸造所のレストランバーが開店」によると、アメリカのクラフトビールメーカーが日本に初上陸するとのことです。2018年夏に中部国際空港(セントレア)内に新しく開業する商業施設「FLIGHT OF DREAMS」内に登場予定。ボーイング787初号機を愛でながらうまいビールが飲めるという、飛行機好きにはたまらないロケーションとなりそうです。




クラフトビールのテーマパークが日本初上陸 
(イメージ画像:フリー素材より)



 THE PIKE BREWING CO.(パイクブリューイング)はアメリカ・シアトルのクラフトビール醸造所。世界のビール博物館などを運営するワールドリカーインポーターズが正規輸入代理店として公認され、日本で「THE PIKE BREWING RESTAURANT&BAR」をオープンすることとなりました。日本でもここ数年クラフトビールの人気が高まり、定着してきています。アメリカのクラフトビールの実力はいかに?




 ということで調べてみたところ、パイクブリューイングの創設者がとてもユニークな経歴の方。芸術家・作家・デザイナー・起業家などの肩書きがあるんだそうです! 

 さらにそのビールはアメリカ国内でも世界でも高く評価されているとのこと。アメリカの地ビール復興運動にも貢献し、シアトルの醸造所ではミニビール博物館が併設されていて、多くの観光客が訪れているとか。来夏オープンする店舗はシアトル店を忠実に再現するとのことで、直営店ならではの樽生ビールや豪快なハンバーガーなども楽しめるそう。セントレア限定ビールも登場予定です。




 「FLIGHT OF DREAMS」についてもチェックしておきましょう。787航空機を屋内展示する3階建ての複合商業施設。ボーイングのオフィシャルストアが出店予定で、こちらもアメリカ国外では初となります。商業エリアはパイクブリューイング以外にスターバックスが出店します。シアトルつながりかしら?と思っていたら、その通り。シアトルの街並みテーマとしたアメリカンテイストの飲食店やグッズが展開されるとのことです。




 空港は、非日常な雰囲気にひたれる場所です。出国前のうきうきとしたテンション高めな気分はもちろん、帰国後の何とも言えない気持ち…旅の思い出を噛みしめつつほっとするような、でも日常に戻るという切ないような、ない交ぜな感情。「FLIGHT OF DREAMS」はそんな気分を味あわせてくれる空間となるでしょう。




 航空機の実物を間近見られることも興味深いですが、やっぱり楽しみなのは作りたてのクラフトビール。また、料理も豪快なものだけでなく、遺伝子組み換え食品を使わないなど素材にも気配りされたメニューを提供しているとのことで、こちらも期待できますね。


 
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top