FC2ブログ
2017
04.27

虎ノ門にも地方にも賑わいをもたらす 新虎マーケット

Category: ニュース
 
 Fashionsnap.com2017年2月24日の記事『虎ノ門を"地方×東京の力"で賑わいの街に「旅する新虎マーケット」新虎通りに開業』にて、新しくオープンする商業施設が紹介されています。日本各地の市町村のグルメやアイテムを、東京でアピールすべくキュレーション方式で展開していくプロジェクトとのこと。旅するような気分になれるのでしょうね!という期待感を持ちつつ、その概要を見てみましょう。




虎ノ門にも地方にも賑わいをもたらす 新虎マーケット 
(イメージ画像:フリー素材より)



 このプロジェクトの主催が「2020年東京オリンピック・パラリンピックを活用した地域活性化推進首長連合」というところがポイント。そもそも新虎通りはオリンピックスタジアムと選手村を結ぶ道路ということで、周辺の開発を進めていたエリア。またロンドンオリンピックの開幕前イベントを参考に、地方の魅力をアピールしつつ、実際に足を運んでもらえるような取り組みを目指しているとのことです。




 3ヶ月ごとに出店自治体とテーマを入れ替えていく予定で、まずは山形市、湯河原市、高岡市、宇部市、今治市が参加し「木の芽風と薫風」をテーマにスタートします。期間限定の「今だけ」感と、次はどんな新しい出会いがあるかなという発見と、どちらも楽しめそうですね。




 「旅するストア」では、三越伊勢丹のプロデュースで「旅感(RYOKAN)」が感じられる郷土品を提供。美意識・手仕事・真心を込めた手みやげが並びます。「旅するカフェ」では、各地域の食材を活かしたメニューを提供。飲食店には向かない場所に出店し、人の流れを生み出してきたBALNIBARBIの経営ということで、そのノウハウを活かしていくことでしょう。




 また「旅するスタンド」は、各地域の食とお酒がいただけるショールームのようなたたずまい。ガラス張りなので、夜になればついふらりと立ち寄りたくなる雰囲気を醸し出すことでしょう。「旅するポップアップ」では、湯河原の温泉を利用した足湯(!)を設置するなど、さまざまな仕掛けが登場しそうです。




 まだまだビジネスの街というイメージが強い虎ノ門。虎ノ門ヒルズがオープンしたものの、オフィスやラグジュアリーなホテル、高級マンションなどがメイン。そのため虎ノ門で働いている人以外にとっては、気軽に遊びに行く場所とは言えないようです。




 「旅する新虎マーケット」が地方の魅力的なコンテンツを発信していくことで、今までとは違った客層を呼び込めるのではないでしょうか。その流れが、日本を訪れる外国人の方々にも波及していくことに期待したいところです。新虎通りはパリのシャンゼリゼを目指す!と小耳にはさんだことがありますが、新虎は新虎らしく発展していってほしいですね。




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top