FC2ブログ
2017
03.27

トレードマークはヒゲ。怖くないcoffee mafia

Category: ニュース

 中小企業のトピックを紹介するサイトHANJO HANJO2017年1月11日の記事「成功する新業態:01|月2000円で飲み放題のコーヒースタンド」にて、定額制会員制コーヒー店「coffee mafia」が取り上げられています。ありそうでなかった日本初の取り組み。コーヒーを提供する環境がどんどん広がっていく状況で、さらに新しい形の登場です。




トレードマークはヒゲ。怖くないcoffee mafia 
(イメージ画像:フリー素材より)



 消費者としては、おいしいコーヒーを気軽に飲める場所が増えるのは大歓迎。その時々のシチュエーションによって使い分けているのではないでしょうか。

・通勤前や仕事中はさっと買えるコンビニで
・もうちょっと本格的なコーヒーを飲みたいときはコーヒーチェーン店
・ゆったり流れる時間を楽しみたい時には昔ながらの喫茶店
・丁寧に淹れたコーヒーを片手におしゃれにキメたいときはサードウェーブ系
・一緒にあまーいものを食べながら長居したいときはコメダや星乃へ

など、よりどりみどり。そんな中西新宿からスタートした「coffee mafia」について、チェックしてみましょう。




 「coffee mafia」を運営するのは、飲食市場に特化したマーケティング支援としてサイト作成や紹介アプリを手がける株式会社favy。「飲食店が簡単に潰れない世界をつくる」という理念のもと、店舗をサポートしつつ、新しいチャレンジも仕掛けています。先行してオープンした店舗では、生ハム食べ放題会員を募り話題になったとか。さらなるチャレンジとして「coffee mafia」と「29ON(にくおん)」(完全会員制の焼かない焼肉屋?!)を誕生させました。




 月額2000円でコーヒー飲み放題というシンプルなコンセプト。毎日1~2杯飲む人にとっては充分元が取れる値段設定となっています。しかも1杯ずつハンドドリップ。シングルオリジンのコーヒーも取りそろえており、こだわりのある人にも応えます。




 飲食店の支援を行っているだけあって、ユーザへのサービスとともに店舗経営の視点も踏まえています。会員制で安定収入を確保し、月の売上が計算できることで無駄を省いた店舗運営が可能になるとのことです。また定額会員制コーヒースタンドを新しいビジネスモデルの提案とするべく、「coffee mafia」をモデル店舗と位置づけ。そのため初期投資を低価格に押さえ、内装工事は10日間ほどで完成させたそうです。この第1号店の結果を踏まえて、チェーン展開・フランチャイズ展開していくことでしょう。




 都度料金を支払わずに済むという利便性もさることながら、会員制というところが、人間の優越感をくすぐるポイントなのかもしれません。




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top