FC2ブログ
2017
03.23

「ニトリホールディングス」会長がアパレル業界への参入にも意欲!

Category: ニュース
 
 Bloomberg2017年2月3日の記事『ニトリHD会長:アパレル参入意欲、チェーン買収も-「自信ある」』によると、「ニトリホールディングス」(HD)創業者の似鳥昭雄会長がアパレル業界への参入を検討し、チェーン店を買収する展開を検討していることを語ったと伝えられています。



「ニトリホールディングス」会長がアパレル業界への参入にも意欲! 
(イメージ画像:フリー素材より)



 「ニトリ」は、現在国内最大のインテリアチェーン店として成長していますが、チャンスがあれば衣料品業界に参入することを検討しているようです。現在、若者向けの衣料品の商品展開が多い中、30代以上の手頃な値段の衣料品を提供することを考えていると言います。




 また、既存店舗でアパレル用品を売るのではなく100~200店規模の衣料品チェーンを買収し、商品を入れ替えることで店舗展開を行うことが想定されています。まだ具体化までには至っていないようですが、現在好調な「しまむら」などのように手頃な商品を提供することを目指していくようです。




 現在も「二トリホールディングス」でパジャマやTシャツなどの販売は始まっていますが、今後は新しいチェーン店での展開を行っていくとなると実際にどのように展開されるのでしょうか。また参入するとなると「ユニクロ」とも競合していくことも考えられます。




 「二トリホールディングス」は2003年からの2030年ビジョンを掲げ、2017年に500店舗、売上高5,500億円を目標、その15年後の2032年に約6倍の3000店舗、売上高3兆円を目標に掲げています。15年間で約6倍の目標達成のために、海外では中国などへの出店も加速させています。




 キッチン用具や寝具などのインテリアに特化した「ニトリ デコホーム」の展開もおこなっているなど、様々な店舗形態を展開し好調な「ニトリ」です。今後益々多様な形での店舗展開が行われることになるでしょう。




 現在、消費者の節約志向が強まっていますので、「しまむら」に続く「ニトリ」のお手頃価格の衣料品販売が始まった場合は恐らく新たな注目を浴びていくのではないでしょうか。




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top